架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

【2020年8月吉祥寺】MUSASHIは蒙古タンメン中本版スタミナ冷しなのか?

SPONSORED LINK

最終更新日:2020/8/2

f:id:R_I:20200705204731j:plain

僕、石谷玲( @R_I )が超オススメしている蒙古タンメン中本の限定メニュー。その中でも特筆すべきメニューのひとつ、MUSASHIを今回ご紹介したいと思います。これ、最初に書いておくと、茨城のご当地麺のひとつである「スタミナ冷し」を中本風にアレンジしたような麺で、最高に美味しいメニューです。

どうしても気分が沈みがちな世の中ですが、3『密』を避け、こまめに手を洗い、咳エチケットに気を遣いながら、中本の美味しいラーメンを食べて気分を高めていきましょう。

このMUSASHIに関しても他のメニュー同様、今月何処の蒙古タンメン中本でMUSASHIを楽しめるかの情報も一緒にご紹介したいと思います。

蒙古タンメン中本、MUSASHIの2020年最新情報をお届けします。

2020年8月は吉祥寺店でMUSASHIを食べられます!

2020年8月、この記事で紹介しているMUSASHIを楽しめる店舗はこちらです。

吉祥寺店

土日祝日限定(8/1~2、8/8~10、8/15~16、8/22~23、8/29~30)

絶妙な美味しさの野菜と辛い北極とろみ餡、腰の強い麺との美味しいコンビネーションを楽しみたい方はこのチャンスをお見逃し無く!

f:id:R_I:20200705211639j:plain

※値段は現在950円となっています。

SPONSORED LINK

 

そもそも「スタミナ冷し」とは?

ja.wikipedia.org

dailyportalz.jp

「スタミナ冷し」とは茨城県のご当地ラーメンのひとつ。野菜等の具材を炒め甘辛い中華餡に調理し、冷たく締めた麺に乗せたものです。具材の中にレバーを使うことも特徴のひとつ。熱々の餡に冷たい麺、スタミナ付きそうなたっぷり野菜とレバーという独特で唯一無二の食感や味わいが好評で、茨城県の名物としての知名度も高い一品です。

蒙古タンメン中本 MUSASHI 950円

f:id:R_I:20200705211044j:plain

さて、蒙古タンメン中本のMUSASHIに話を移しましょう。

このMUSASHI、具材としてはニンニクの芽とナスと挽き肉を炒めて北極スープを合わせて片栗で固めの餡に調理。それを冷たい麺に乗せ、フライドガーリックとネギを散らして、出来上がりというもの。麺も上からは見えないし、見た目には???と思うようなビジュアル。でも良くかき混ぜて食べてみると、これが本当に素晴らしいのです。

野菜が美味い。メッチャ美味い

f:id:R_I:20200705212343j:plain

ニンニクの芽や茄子の食感が素晴らしく、そして甘くて美味い。ニンニクの芽なんて作り方を間違えると繊維質が口の中に残って不快感生まれたりするけど、そこは天下の中本。MUSASHIは巧く作ってる。野菜って本当に美味しいなあと心から思わせてくれます。

味の濃い強いスープを硬めにとろみを付けて更に強調しているのに、それに負けない茄子の甘味が素晴らしい。もしかしたら逆に北極ベースの辛いスープが野菜の甘味を引き立ててくれてるのかも知れない。

舌に絡みつく北極ベースのとろみスープ

f:id:R_I:20200705212237j:plain

スープはどろっどろのペースト状。さっきも書いたけど、硬めにとろみが付いているので、普通の北極ラーメンのスープよりも辛さと旨さが舌に絡みつき強調される。トッピングに乗せられるネギやフライドガーリックも味と食感双方で丁度良いアクセントになっている。

麺まで自己主張が強め

f:id:R_I:20200705212258j:plain

f:id:R_I:20200705212325j:plain

麺は冷水で締められているので、いつもの蒙古タンメンや北極ラーメンよりもコシが強く、麺自体の味も強く感じる仕上がり

美味しい×美味しい×美味しい=すっげえ美味い!!!

ここまで見てきたとおり、野菜もスープも麺も全部自己主張の塊。なのにかき混ぜて食べてみると、これが凄く美味しい。ここが本当に凄い。普通なら確実に何かがケンカして「単独で食べた方が美味しいのでは…」な感想になっちゃう。でもMUSASHIはそれを感じない。辛い、甘い、野菜の食感、麺の弾力感、それらが不思議と調和してる。中本のメニュー、特に限定メニューはこういう物が多いけど、全体としての完成度が本当に高いのが素晴らしい。

でもこれ、この記事書いてて思ったけど、実際に食べてみないと分からないかもなあ…。

SPONSORED LINK

 

スタミナ冷しっぽくてスタミナ冷しじゃないけど、スタミナは付く。多分。

茨城のご当地麺スタミナ冷しのアイデンティティとも言えるレバーとかは入ってないけど、スタミナが付きそうなニンニクの芽等の野菜、トッピングのフライドガーリック、そして北極スープに投入されるニンニクが入っているので、多分スタミナは付きそう。

麺とスープの関係はスタミナ冷しそのもの。

と言うことで、色々違いはあるけれど、蒙古タンメン中本版スタミナ冷しと言っても過言ではないと思っている、このMUSASHI。

蒙古タンメン中本のメニューの中でも異質な出来だと思うし、スタミナ冷しの本場でも食べられない、唯一無二の存在だと思います。…思うんだけど、写真やこの記事の文面だけじゃ味が想像できないよね。僕も説明するのむつかしいもん。

これは「中本のお店で実際に注文して食べてみて」と言うしかないです。本当に美味しいので、是非見かけたら試してみてください。気に入る人はとことん気に入ると思います。

それでは。

蒙古タンメン中本で食べたものまとめ

辛旨で有名な蒙古タンメン中本ですが、辛いモノ大好きの僕は度々こちらで色んなメニューを食べています。

その食べたものと僕の感想をこちらでまとめておきます。

興味があればこちらの記事も是非是非!

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com