架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

【ブロンプトン自主回収(リコール)情報】BB交換していない2014年以降購入のブロンプトンはありませんか?

SPONSORED LINK

最終更新日:2019/2/6

f:id:R_I:20190109193059j:plain

(2019/2/6更新)BB無償交換期限は1月27日(日)でした。

昨年末に無償交換期限繰り上げのアナウンスがありました

まだ自転車屋にブロンプトンを持ち込んでいない、2014年以降にブロンプトンを購入された方は居ませんか?

昨年末、ミズタニ自転車さんよりこのようなアナウンスがありました。

www.mizutanibike.co.jp

以降、告知ページの抜粋

BROMPTON BICYCLE BB自主回収 期日繰り上げのお知らせ

FAG Bottom Bracket cartridge BB66

現在実施しておりますボトムブラケットの無償交換について、この度BROMPTON社より期日を繰り上げる旨の通知がございましたので、改めて変更後の期日をご案内いたします。

この度の自主回収では、皆様にご迷惑をお掛けします事を深くお詫び申し上げます。
また、お客様にはBROMPTON社が製品の生産管理および品質管理を最高基準で実施する為に日々、努力している事をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

無償交換期日:2019年1月27日(日)交換分まで

無償交換(交換工賃無料でのBB交換)は2019年1月27日(日)の交換分まで、と言うことになりました。

工賃有償となりますが、交換用BBは無償提供され交換作業が可能です。

無償交換期限の1月27日を過ぎてしまったのでもうBBは交換して貰えないのでしょうか?

いえ、BB交換は自転車屋さんで実施して貰えます。

以降、告知ページの抜粋

尚、1月28日以降、ボトムブラケット単品につきましては、当初の予定通り2019年8月31日 交換分まで、無償で提供させて頂きますが、交換工賃につきましては有償となります
詳細につきましては、お買い求めの販売店様、もしくはお近くのBROMPTON正規販売店様へお問い合わせください。

交換用BBの提供は無償ですが、交換工賃は有償となります。

2014年以降にブロンプトンを購入された方で、下記の対象シリアル番号の車体をお持ちでまだBB交換作業を行っていない方がもしまだいらっしゃいましたら、ブロンプトンを取扱っている自転車屋さんに持ち込んで相談してみて下さい。

安全にブロンプトンに乗って楽しみましょう!

↓これ以降は2017年にブロンプトンのBB自主回収(リコール)が発表された時の記事です。

SPONSORED LINK

 

折りたたみ自転車ブロンプトンの国内輸入代理店であるミズタニ自転車より自主回収情報が発表されました。

www.mizutanibike.co.jp

※状況の変化等により情報が変更される可能性があります。必ず上記のミズタニ自転車様の通知をご確認下さい。また、問い合わせはミズタニ自転車様へお願いします。

 BROMPTON社では、品質管理において万全を期しておりましたが、2014年4月~2017年5月に生産されたコンポーネントの一部のパーツが我々の品質基準に達していないことが判明致しました。

 

 上記期間に採用しておりましたFAGボトムブラケットにおきまして、いくつかの不良報告があり当社で調査した結果、国際安全基準には達しているものの、当社がボトムブラケットに対して設けている基準には達成しておりませんでした。

 

 この為、対象期間に生産された完成車に装着されたボトムブラケットの確認を行い、回収対象品であった場合は当社の品質基準に合格したボトムブラケットと無償で交換をおこなう事と致しました。

ミズタニ自転車様より引用)

ということで、当該部品はボトムブラケット(BB)のようです。「国際安全基準には達しているものの、当社がボトムブラケットに対して設けている基準には達成しておりませんでした。」ということなので、直ちに問題が起こる可能性が非常に高いというわけではないように見受けられますが、ペダリングに影響の出る箇所であり事故防止のために2014年以降にブロンプトンを購入された方は必ず確認をお願いします。

対象車両の確認

 対象の車体か否かについては、シリアル番号から確認することも可能です。
シリアル番号は下記の写真の様に、プレートもしくはシルバーのステッカーに印字されています。

ミズタニ自転車様より引用)

ブロンプトンのフレームのシートチューブ下部に添付されているプレートもしくはステッカーに記載があります。

f:id:R_I:20170928183234j:plain

(写真はミズタニ自転車様より引用)

 対象車両は1403284144 ~1705150001、Mハンドル、Sハンドル等全てのモデルが対象だそうです。2014年4月から2017年5月まで生産の全てのブロンプトンが対象とのことなので、2014年4月以降にブロンプトンを購入された方の大部分が該当するのではと思います

SPONSORED LINK

 

自分のブロンプトンが対象車両だと分かったら

 交換の方法などの詳細につきましては、お買い求めの販売店様、もしくはお近くのBROMPTON正規販売店様へお問い合わせください。

※交換作業につきましては、10月中旬以降の開始を予定しております。

ミズタニ自転車様より引用)

ブロンプトンを購入した販売店様、引っ越し等で購入した販売店様にアクセスできない場合はお近くの販売店様にてご相談下さい。また、ステッカーの破損、印字の消失等でシリアルナンバーが分からない、購入時期が曖昧で対象車両かどうか確認できないという方も一度販売店様でご相談下さい。

 安心して自転車に乗るために

自分のブロンプトンは対象車両だけれど、まあ過剰にクランクにトルク掛けないし大丈夫だろう、とか、今まで不具合出てないし大丈夫だ、などとお考えになることもあるかも知れません。ブロンプトンは本当に頑丈でしっかりした自転車です。私みたいなデブを乗せて10年近く問題なく走ってくれた素晴らしい自転車です。

ですが、ブロンプトンの高い品質は、厳しい基準を一台一台クリアしているからこそ。いつ何時、事故が起きるかなんて誰も分かりません。そのようなことが起きないように、何か疑いがある場合は自分一人で判断せず、販売店様にご相談頂き、その上で対応を決定するのが一番だと思います。

みんなが楽しくブロンプトンを楽しめるよう、皆様宜しくお願いします。

(10/20更新)続報・一部のショップに交換用BB到着

詳細はこちらの記事に記載してますので参照して下さい。 

www.hito-tsuna.com