架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

アンダーアーマーのマスクに期待を持ちすぎるのはよくないよ、という話。

SPONSORED LINK

f:id:R_I:20201207225354j:plain

オープニングジョーク

「やあ、君の作った最新鋭のマスク、メガネが曇らないって触れ込みで馬鹿売れしてるねえ!」

「自信作です!」

「ところがどうだいブラザー!君のマスクを付けた僕のメガネを見てくれ!」

「…」

「君の顔が曇って見えるよ」

ちょっと期待値が高すぎたお買い物をしてしまった

やあ、大橋巨泉でもLFクールKでもなく石谷玲(@R_I)だよ。

LFクールKは昔ラジオ番組のオープニングでアメリカンジョークを披露してたモヒカンのラジオアナウンサーだよ。番組生放送中にスタジオから逃亡したこともあるよ。

一昨日の12/6の日曜日は入間のアウトレットに遊びに行ってきた。そこで2点お買い物してきた。

1点はナイキのエアマックス。

もう1点はアンダーアーマーのスポーツマスク。

今回はアンダーアーマーのスポーツマスクのことを書きたい。

最初にお断りしておくと、少しガッカリした話だ。

SPONSORED LINK

 

アンダーアーマー スポーツマスク

簡単な紹介

さて、僕が購入したアンダーアーマーのスポーツマスク、どんなものかというとこんな感じ。購入データも参考までに。

www.underarmour.co.jp

購入店舗:UNDER ARMOUR FACTORY HOUSE三井アウトレットパーク入間店
価格:3,300円(税込み)
カラー:ブラック
サイズ:LG/XL

f:id:R_I:20201207222227j:plain

f:id:R_I:20201207222408j:plain

全体的な生地はアンダーアーマーのコンプレッションウェアに使われてるようなちょっとした厚みのストッキングみたいな伸びるヤツ。だから基本的にフィット感は半端ない。マスクってどうしても締め付け感が強かったり隙間が空いたりとフィット感がちょうど良いモノがなかなか無いなあと思ってたけど、コンプレッションウェア作ってる会社が作れば良かったんだね。

外側の生地には撥水加工機能、内側の生地には接触冷感機能、その間に空気だけ通すとか何とかのポリウレタンの層が入る。なんかすごいハイテク。

ポリウレタンの層がある程度形状を保つ構造になってるので口の周りに空間ができて息苦しさが無い。ウルトラテクノロジー。

更に鼻が当たる部分にはワイヤーが入ってて鼻の形にフィットしてメガネの曇りを防ぐらしい。前代未聞である。このアイディアを考えた人にノーベル賞を贈呈したい。うん?そんなのありふれてる?コンビニで見た?マツキヨに売ってる?そんな偶然あったらこワイヤーん。

高級マスクにふさわしく、収納ポーチまで付いている。至れり尽くせりである。

カラーはブラック、ネイビー、グレー、パープルの4色展開。僕は黒のカリスマ蝶野正洋ばりにブラックにした。余談だがファッションブロガー兼YouTuberのMB氏のマスク比較動画見てたら、アンダーアーマーのマスクのドット柄が「一番始めに付き合った娘のブラジャーに似てる」からやめた方がいい!と言ってた。独身のMB氏とお付き合いしたい人は黒のドット柄の下着は避けた方が無難かもしれない。

使用感

ざっくり書くと、

  • メガネは曇る
  • 熱が籠もる

スタパ齋藤先生ならジョリーグッドを連打するであろう最強マスクだと僕は思っていたのだが、残念ながら実際に使ってみた黒のカリスマもどきの感想は違っていた。経緯を記す。

「オレは不織布マスクをやめるぞ!ジョジョー!!」

手にしていた紙袋に不織布マスクをポイッ。

スポーツマスクを装着する。

鼻に当たる部分のワイヤーをぴったり合うように調整する。

鼻息荒くメガネを掛ける。

f:id:R_I:20201207200604j:plain

「ガッデム!」

そう。メガネが曇るのである。1つ3,300円(税込み)もしたのに、メガネが曇るのである。

おかしい、こんなことがあってはならない。

僕はマスクを深く掛けたり逆に浅く掛けたり、10分ほど試行錯誤してみたがダメだった。どう装着しても、どうワイヤーを顔の形状に曲げても、これだ!というポジションを発見するには至らなかった。

そうこうしてるうちに、顔が温かく、そして暑くなりじんわり汗をかき始めるのを感じた。接触冷感素材を使用しているから大丈夫と思っていたが、断熱素材でもあるポリウレタンの保温効果は素晴らしく外気温5度の12月の立川の路上で僕の顔表面は暑くて汗をかいていた。

僕はレガシーに回帰した。捨てかけた不織布のマスクをエアマックスの入ったナイキの紙袋から取り出し再び装着し、家路に就いたのであった。

メガネがどうしても曇ることと、熱が籠もること。この2点がどうしても僕の不快感を解消してくれなかった。よく分からんけどスポーツする人は徒歩よりずっと発熱することだろう。ツラくないのだろうか、それが心配になった。

みんなこれ、どうやって使ってるのかな

Twitter見てると結構多くの人がアンダーアーマースポーツマスクは素晴らしいものだと絶賛している。僕が崇拝している某声優さんもオススメツイートしていた。

だけど、少なくとも今僕はこのアイテムに満足できていない。このマスクと不織布マスクなら間違いなく後者を選ぶ。

本当は「もしこのアイテムに興味を持っている人がいるならお試ししてみて、それで満足できたら買ってみて」と言いたいところなのだ。石仮面は付けてみないと吸血鬼になるなんて分からないのだ。だけど残念ながら顔に触れるマスクを試着することは現状困難である。

興味があって、実際に買って試してみたいと思った方は、最悪3,300円(税込み)が勉強代になる覚悟を持って購入してほしいと思う。この下に楽天のアンダーアーマー公式ストアの販売リンクを付けておくけど、本当はアウトレット含むアンダーアーマーの直営店か取扱店で購入することをオススメしたい。何故ならどの大きさが自分に合うのか分からないから。僕は紙のメジャーを頂いて鼻のてっぺんから耳の真ん中までを計って、それでこのLG/XLというサイズを選んだ。フィット感は確かにあるのでこの選び方は間違ってはいないと思う。


 

ENDING TALK of R.I.

ま、万人に好まれるアイテムなんてこの世には無いよね。Twitterで褒めてる人達はこのアイテムが顔に合った皆さんなのだ。僕が合わなかっただけ。仕方ない。

そういや、最近ブースト(宣伝屋が打つ広告戦略)に失敗したナイキがボコボコに叩かれてるけど、これで人気ガタ落ちして毎週発売される限定スニーカーの需要が落ちてアウトレットにバカバカ流れて半値くらいで売られてたら良いな。とりま今月出るみたいのエアマックス95のグラデーションのネオンイエローのモデル欲しい。