架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

ラミー2000が届いた

SPONSORED LINK

私がサファリ万年筆を愛用しているラミーと言う会社の、プロダクトデザインに特化した最初のモデルと言われているラミー2000の万年筆を入手しました。

地味だけど美しい。墨のような材質だけど実は樹脂製で表面にヘアライン加工されています。ぱっと見気付かないけどボディの後ろの方にインク吸入のためネジ式になっていてそこで分割されています。その繋ぎ目が全く分からないデザイン。

ペン先は必要な部分以外はボディに隠れていて、万年筆であることを必要以上に強調しないのです。これ以外にも、かちっと嵌るキャップ(2枚目の写真のボディに見える銀色の突起はキャップを止める留め金)、インク残量が確認できる窓、アルミ削りだしのクリップと、そのクリップにバネが内蔵されていて無理な力が加わらずにクリップが広がること。
 
良いペンですね。あとはこれに何のインクを入れようか。モンブランアイリッシュグリーンのボトルインクがあるけど、サファリで使ってるから、別のインクを入れたい。せっかくだからパーマネントインク入れたいなあ。何か良い色無いかなあ。