架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

急に行きたくなったので君津

SPONSORED LINK

福岡で私が生まれてすぐ家族が引っ越し、それから私が小学5年生の時に福岡に戻るまでの10年近く住んでいた場所が千葉県君津市です。また今でも親父がここに住んでいます。その親父のところに何回か遊びに行っていたのですが最近は時間がなく行けずじまいだったのです。今の君津の姿を見ておきたいと思ったのは、だいたい1年前に仕事の関係で駅前のイトーヨーカドー君津店が閉店するという情報が入ってきた時で(それから既に1年近く経っているが)。
 
東京駅から特急さざなみに揺られ1時間。着いてすぐイトーヨーカドーがあった場所に行ってみると更地になってました。暫く声が出ませんでした。小学校の頃の遊び場がイトーヨーカドーでした。ファミコンの試遊台に一日居座りウルティマやったりギャラガ'88やったりしていました。その他にも、店舗の脇、駐車場に行く途中にあったたこ焼き屋とか焼鳥屋とか、更に隣の建物には小学校の時に通っていたヤマハ音楽教室。まだ音楽教室自体はあるようですが、それ以外のテナントが殆ど撤退していて廃墟ビル化していたりとかなり寂しい思いをしてしまいました。
 
駅前から暫く歩くと、私がかつて住んでいた家の辺りに着きました。家の前には公園があり、今でもここの公園で怪我した傷跡が私の右足のふくらはぎに残っています。かつてひいこら言ってよじ登っていた煉瓦造りの台も今見てみるとこんなに低かったのかと思ってしまいます。私のかつての家は実は私の伯父さん一家が住んでいます。ただ、とんでもない位の迷惑を掛けてしまった負い目など、色々理由があって、挨拶には行けません。その伯父さんの家の前を通り再び君津駅に戻ります。
 
駅の前に、山麓カレーというカレー屋があります。ここは相撲番付に応じた辛さのカレーが食べられるところで、親父と何回か来たことのある、昔から変わっていない数少ない貴重なお店です。のれんをくぐり、注文しました。「横綱カレー、大盛りで」。
久しぶりの横綱カレーは汗をかき心地よく思うくらいの激辛カレーでした。食べてるとき、食べ終わったときはあまり辛くないのですが、食べて1時間ぐらい経った丁度今、お腹の中でグルグル辛さが駆けずり回っています。でも美味しいんですよ、ここのカレー。
 
そして今、東京行きの特急さざなみ最終便に乗り、もう十数分くらいで東京駅に着くところです。