架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

ヤマザキナビスコ杯決勝(国立競技場)

SPONSORED LINK

(15:05更新)今、ハーフタイムです。0-0のスコアレス。ジェフ千葉の前半にしては運動量が少なかった気がします。
 
(19:07更新)実は成田エキスプレス車内より更新中です。優勝報告会に行こうとしてうっかり遅れちまった。
 
後半も、正直言うと劣勢でした。細かいミスが多すぎてなかなかチャンスが生まれない。だけどそんな中で後半30分過ぎに水野晃樹が目が覚めるようなシュートを放ち1点、その直後にセットプレーから阿部勇樹が頭で合わせ2点目。立て続けに2点取れたことで鹿島の反撃ムードが萎みました。これが直接の勝因だと思います。ではそうじゃない勝因は何か。それは、多分ここ数試合スタメンを張っているGKのグッピー(岡本)だと思うのです。今日は本当に張り切っていました。張り切りすぎてGKではあり得ないほど飛び出してフィールドプレイもやってました(危なっかしいプレイではありましたが)。無失点で切り抜けられたのはこのグッピーの成長無くしてあり得なかったと思うのです。
 
昨年は立石、今年は岡本。元々控えのGKで栄誉を勝ち取ったわけですが、元祖守護神のクッシー(櫛野)はどう見ていたのでしょうか。クッシーの今後がちょっと心配。
 
取り敢えず今年も少しだけ写真を載せておきましょう。

国立競技場ロイヤルボックスでの表彰式
 

フクアリでの優勝報告会であいさつするキャプテン阿部勇樹