架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

水曜どうでしょうclassic(テレ玉進行)

SPONSORED LINK

ヨーロッパリベンジ第三夜。はい。あの名言が出た回です。

おい!
このバカヤロー
よく聞け
いいか
ここをキャンプ地とする

良く把握してなかったのですが、宿より飯と主張してこの事態を引き起こしたの、大泉洋と嬉野Dだったんですね。うれしーが叱責されてれるの初めて観たかも。デンマーク国境に向かう車中で大泉洋が口ずさんだ自動車ショー歌は、後に対決列島のテーマソングとなった訳ですな。また、YUKON6DAYS 〜160kmカヌー地獄〜第二夜では「じゃあここを初日のキャンプ地とする」と藤村Dが上記の名言に倣い宣言。どうでしょうってこういう過去のネタを繰り返し使うの多いですよね。釣り対決の「プレイボール!」とか。