架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

仮面ライダーBLACK、南光太郎こと倉田てつを氏の経営するステーキハウス「ビリー・ザ・キッド東陽町店」に行ってきました。

SPONSORED LINK

今日は実は会社から冬のボーナスが出た日。まあボーナス自体はあっという間に返済で消えてしまったんですが(涙)取り敢えず自分へのご褒美と思ってちょっと贅沢目にどっかにご飯を食べに行こうと。普段ならリベラにステーキを喰いに行くんですがちょっと前に行ったばかり。そういやステーキと言えばこの前倉田てつをのステーキ屋を調べたことがあったなあ。あれって会社からどれくらいで行けるのかな?一回乗換で行けそうだね。じゃあ行ってみよう。
 
と言う訳で地下鉄東西線木場駅で降りて橋渡って東陽三丁目の交差点を左折。そのまま直進すると左手側に見えてきましたビリー・ザ・キッド。ここが件のステーキ屋です。
http://tetuwokurata.web.fc2.com/index001.html


ビリー・ザ・キッド東陽町店のメニューです。ここはオーナーが南光太郎なのでチェーン店にも関わらず独自のメニューが存在します。それが「RXステーキ」と「ブラックステーキ」です。倉田てつを氏が演じた仮面ライダーBLACK仮面ライダーBLACK RXにちなんで名付けられました。「RXステーキ」が420g、「ブラックステーキ」が220gとほぼリベラのポンドステーキ、ハーフポンドステーキと同じ。折角なので今回は「RXステーキ」を注文してみました。焼き加減も聴かれるので勿論「レアで」。

鉄板からはみ出すでっかいステーキ。リベラと違うのは肉を薄切りにしていること。そして肉の上に焼き海苔を敷き、その焼き海苔にマスタードでRXのサインを書いています。ちなみにブラックステーキの方はブラックのサインをマスタードとケチャップで書いているそうです。ナイフで切って口に入れてみると、焼き加減をレアにしたお陰で肉が軟らかい。肉質は明らかにリベラよりも良さそう。味付けは下味の塩胡椒だけなのでテーブルに備え付けの調味料で味付けをします。調味料は醤油、マスタード、ニンニク、マリーシャープス(タバスコタイプのホットソースでハバネロの果肉が入っているソース)、塩など。ステーキソースなんてものはありません。個人的には醤油とニンニクをブレンドし、マリーシャープスで酸味と辛味のアクセントを付けてみると旨いなあと思いました。なお、ここのステーキには全てライスとサラダが付いています。このボリュームでこの値段ならリベラよりもお得な気がします。
 
ちなみに店の奥でステーキを焼き、マスタードでRXサインを書いているのは倉田てつを氏本人です。ウェスタン風のハットを被って奥で仕事をしている倉田氏を見ることもできます。倉田氏自身が接客することもあります。
 
ということで大満足のビリー・ザ・キッドでした。