架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

福岡ソフトバンクホークス2連勝、日本シリーズ進出に王手

SPONSORED LINK

攝津の立ち上がりはあまり良くなかったですね。折角内川がいつものように与えてくれた先制点のリードをあっさり吐き出してしまいました。それでも辛抱強く投げた辺りは流石だと思います。それが実ってカブレラの犠牲フライ、松田のソロHRを生んだのだと思います。
 
投手と言えばもうワンシーン。8回に森福が四球で出したランナーを細川が盗塁刺せずに二進させ、栗山が送りバント。一死三塁の大ピンチ。ここで相手は代打阿部真宏ファルケンボーグに交代かなあと思ったのですが、秋山監督の判断はそのまま森福続投でした。阿部真宏は外角高めのストレートで空振り三振。続く中島はセンター方向への大きな当たりになりましたが長谷川ががっちり掴んでこの大ピンチを凌ぎました。
 
直後の8回裏、二死満塁で代打松中は、変わったばかりの西武守護神牧田の甘く入った初球を見事にスタンドに突き刺したのでした。
 
壮絶な試合にとどめを刺す一撃でした。また、強度のプレーオフ病に冒され、大不振を極めたかつての主砲の一撃は、確かにホークスが変わったと言うことを教えてくれる、歓喜の一振りでもありました。おそらくこの代打満塁HRを生んだのは直前の森福の敢闘、更に言うとムードメーカー内川の加入によるベンチの雰囲気の良さに起因するのではないかと感じました。
 
この調子で一気に日本シリーズ進出決めてしまいましょう!