架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

食い物話その3〜我孫子駅の弥生軒の唐揚げそば再び〜

SPONSORED LINK

今度は火曜日の話。
以前一度だけ食べたことのある、駅そばとしては超有名な我孫子駅弥生軒唐揚げそば。何故か無性に食べたくなったので行ってきてしまいました。我孫子までわざわざ立ち食いそばを食いに。いつものように武蔵野線でぐるっと回り、新松戸から常磐線に入ります。柏駅で乗り継いで我孫子駅到着。ホームの弥生軒は今日も盛況でした。

今日は買えました唐揚げそば2個入り。前回は1個入りしか食べられませんでした。

これも有名な話ですがここのそば屋にはかつて裸の大将こと山下清画伯が働いておりました。

これが唐揚げそば2個入り。そばが隠れてしまいました。どんぶりが小さく感じるかも知れませんが、普通のそばのどんぶりです。ただでさえ大きい唐揚げが2個も入るとこんなにも強烈なインパクトを放つことになります。そしてその唐揚げのボリュームというか重さというか。ぶっちゃけ唐揚げ単品でも1個喰うとお腹にズシンと来ます。それが2個。もちろん唐揚げはトッピングであって、そばがしっかり唐揚げの下で待ち構えているわけです。

唐揚げ1個胃に収めました。もうそばが伸びてきてますw。ここのそばはちょっと柔らかめで伸びるのも若干速い様に思います。先にそばを平らげた方が幸せかも。
 
唐揚げそば2個入りは私のような人間でも一杯食うだけで結構重たいです。コストパフォーマンスで言えば最高の部類ですね。