架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

そう言えばオーティズのコール

SPONSORED LINK

昨日外野自由で応援している時にびっくりしたことが。
 
昨日のホークスの攻撃、1回表オーティズの第一打席。オーティズのコールをやるんですが…
 
ホ〜セ〜 オーティーズー(ドンドン ドドドン)
ホ〜セ〜 オーティーズー(ドンドン ドドドン)
 
あれ?これってロッテ時代のオーティズのコールとリズム…

 
過去、移籍選手(厳密にはオーティズは移籍ではありません)が移籍前の応援歌などをそのまま引き継いだ例は、最近では大村があります。ホークスでの大村の応援歌は、前奏→1番→2番→1番→2番→…と続きますが、その前奏と1番は近鉄時代の応援歌をそのまま使っていました。2番はホークスにて作った、歌詞も曲も全く別物の応援歌です。これを交互に歌ってました。同じくFA移籍の多村は全く別の歌ですし(「輝く彗星〜」にベイスターズへの配慮が見えますけどね)、小久保に至っては巨人時代の応援歌はおろか、前身のダイエー時代の応援歌も復活させなかったことから、大村に関しては何らかの配慮があったのでしょう。じゃあ今回のオーティズはどうなのかな。個人的にはちょっと違和感があります。ロッテの応援はその他11球団の応援とは完全に一線を画してますし。
 
これ、千葉ロッテ戦ではやらないですよね?ね?応援団の皆さん。
 
ちなみに、その大村と入れ替わりでホークスに戻ってきた村松の応援歌はホークス時代の応援歌復活なんです。小久保と村松の違いは何だ?