架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

右側の「読者になる」ボタンを押して頂けるとブログの更新通知をメールやアプリで受け取ることができます。 是非読者登録をお願いします。
Please subscribe!

持ち歩いてもダサくない!Hydro FlaskのPOPなカラーリングは真空断熱ボトルの革命だ!

SPONSORED LINK

f:id:R_I:20170918014719j:plain

まあ革命と言っても…

ハワイじゃ以前からこのボトル売られてたんですけどね。どうもこんにちは。ハワイに行ったことのない、海外経験は台湾と北京だけの石谷玲です。

ブログ書いたり同人誌の原稿書いたりするのに私はよくスタバなどのカフェを利用したりしてます。そういう所に行くと、カップ値引きで20円安くなったりするサービスがあったりします。この値引きはそのカフェで売られているタンブラーだけに適用されるサービスではありません。自宅から持っていったマグカップなどでも適用可能です。また、暑い日はいつまでも冷たいドリンクを飲みたいですし、寒い日は温かいコーヒーで落ち着きたくなります。しかし時間が経つとプラスチックや紙のコップではどんどんドリンクの温度が変わってきてしまいます。

そんな時に活躍するのが、かつては魔法瓶と呼ばれていた真空断熱のボトル。サーモス象印、タイガーなど有名無名を問わず沢山の真空断熱ボトルが販売されていますし、その一部はカフェでも購入できます。私も以前はそんなボトルを利用していました。

f:id:R_I:20170918013704j:plain

2013年の夏コミの時の写真。これの右側がスタバで一時期だけ売っていた自転車のワンポイントイラストが載ってるだけのシックな真空断熱ボトル。これはまだマトモなデザインのボトルでした。左側も真空断熱ボトルでしかも自転車のボトルケージに挿せるタイプ。何というか、遠足に持っていく水筒みたいな感じですね。

しかし、日本の会社の真空断熱ボトルって何というかデザイン面でこう、もう少し垢抜けた物って無いのかなあと思ったりしませんか?そんなあなたに見てほしい真空断熱ボトルがあるのです。それがHydro Flaskのボトルです。

Hydro Flaskって何?

www.hydroflask.co.jp

以前からハワイ土産として有名だったHydro Flaskですが、今年の3月くらいにニコタマの蔦屋家電に入荷したという一報がツイッターで流れまして。

おそらくこの時期に代理店が国内にできて国内販売開始したんだろうと思います(上記のサイトもその時にできた物かな)。その一報を聞きつけて即日仕事帰りに寄って購入しました。

f:id:R_I:20170918015419j:plain

私が買ったボトルは21 oz Standard MouthというモデルのKiwiというカラー。リットルに直すと621mlだそうです。最近ミネラルウォーターに多い500ml超えのペットボトルの飲料も難なく全てこのボトルに納めることが可能です。流石アメリカ!500mlなんて目じゃないぜ!色は私が使うならこれしかないでしょう。私のためにあるようなカラーリングです。

ボトルの種類は結構たくさんあって、口が絞られているStandard Mouthとほぼ絞られないWide Mouthの2種類があります。さらに大きさが細分化されており、列挙するとこんな感じ。

  • Standard Mouth(12oz、18oz、21oz)
  • Wide Mouth(12oz、16oz、18oz、32oz、64oz)

64ozのボトルなんてほぼ2Lですよ。凄いとしか言い様がない。というか用途が違うんでしょうね。個人で持ち歩く物じゃなくて、キャンプとかアウトドアでみんなで飲むドリンクを持ち込む際に使うボトル、みたいな感じかな。日本の真空断熱ボトルもある程度の種類の大きさがありますが、ここまで細分化されているものは見ないです。しかもそれぞれに多彩なカラーリングがあります。オーソドックスなStandard Mouthは全てカラーリングは8種類、Wide Mouthに至っては3種類から多い物で11種類!なので同じHydro Flaskのボトルを使っていても全く同じ物を見る機会はほとんどありません。このチョイスの豊富さとカラーリングのPOPさがHydro Flaskの魅力だと思います。カラーリングの詳細は前述のHydro Flaskのオフィシャルサイトを見て下さい。

なお、自転車用のドリンクボトルとしては、ボトルにくびれが無く、ボトルケージで固定ができないので、走行中に落下する可能性が否定できません。ボトル自体も重いですしね。

さらにこのHydro Flask、ドリンクボトルだけじゃありません。ワインボトルやグロウラー(ビールを持ち運ぶためのボトル)、スープポッドにタンブラーまでラインナップに入っていて、全て真空断熱機構が採用されています。この幅の広さを見るとついつい集めたくなってしまうのも頷けます。

あと、オプションパーツも豊富。

f:id:R_I:20170918023126j:plain

これは、蓋がスポーツボトルのような、樹脂製の蓋を引き上げて吸うタイプのSport Capです。これはボトルを買った後、Amazonで別途注文し入手しました。氷が口に入らず飲むのに便利な代物でした。ただ、ボトルが凹まないのでSport Cap自身に逆止弁を設け、その弁から外気をボトル内に吸い込むことでボトル内の液体を排出して飲めるようにしてあるのですが、この逆止弁がよく漏れます。なのでこのSport Capを使う場合は横倒しにも逆さにもできません。それが嫌で私は通常の蓋に戻しました。このような蓋を付け替えて使えるオプションパーツが幾つかあります。

肝心の真空断熱機構はどうか。それは次のセクションでお話しします。

翌日も氷が溶けきっていない!高い断熱性

前述の通り、私はスタバをよく利用しています。スタバだとドリップコーヒーを注文すると2杯目を100円(税別)でおかわりできるサービスがあります(おかわり時はカップ値引きは適用されない)。しかし、スタバでノートパソコン広げて作業をしていると、1杯目で済んでしまうことが多々あり、勿体ないので2杯目を注文して即退店し、家で2杯目を楽しむということが私の場合多いです。そして、疲れているためか帰って即寝てしまうこともあるのです。

翌朝、このボトルのコーヒーを飲んでみると、まだ冷たい。しかも氷が溶けていない。オフィシャルサイトでは保冷は24時間保てるとありますが、少なくとも12時間程度では氷は溶けずに保てるようです。まあ衛生面で宵越しのドリンクを口にすることに問題は無いわけでは無いのですが、保冷面はなかなか優秀であることは事実だと思います。

念のために書いておくと、有名な日本企業の真空断熱ボトルはこの辺は軽々とクリアしてます。なので、機能面でHydro Flaskはサーモスとかのボトルよりも秀でているとは思っていません。その辺はご注意を。

というわけでHydro Flaskのボトルはオススメです!

3月に購入してから今まで半年間、このボトルを使い続けていますが、会社でもプライベートでもずっとこのボトルを持ち歩くようになりました。ペットボトルだと持ち歩いてもすぐに中の飲料がぬるくなってしまうのがHydro Flaskだと防止でき、かつ誰も同じ物を使っていないオンリーワン感が所有欲を満たしてくれます。これだけバリエーションがあればお気に入りの『容量の大きさ』と『口の大きさ』と『色』のボトルが見つかるのでは無いでしょうか。皆さんももし興味があれば、販売店舗に行ってみて実物を手に取ってみては如何でしょうか。

Hydro Flaskのボトルは何処で手に入る?

www.hydroflask.co.jp

オフィシャルサイトに販売店舗の情報が載っています。都心だと結構たくさん販売店がありますが、地方だとあまりないようです。Amazonには私が買ったSport Cap以外にもボトル自体の販売もあるようですので、もし興味がある方はこちらを活用してみるのも如何でしょうか。なお、Amazonをよく見てみると、Amazon.co.jpが販売するボトルの他にも別ショップでの販売や個人輸入でのマケプレ扱いの商品とかもあります。結構高い値段が付いている商品もありますので、この辺は良くチェックしてから購入して下さい。

Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_18oz 532ml 03パシフィック 5089013 03パシフィック

Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_18oz 532ml 03パシフィック 5089013 03パシフィック

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_21oz 621ml 10ラバ 5089014 10ラバ

Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_21oz 621ml 10ラバ 5089014 10ラバ

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_12oz 354ml 04コバルト 5089011 04コバルト

Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_12oz 354ml 04コバルト 5089011 04コバルト

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) SPORT CAP スタンダード 20ブラック 5089001 20ブラック

Hydro Flask(ハイドロフラスク) SPORT CAP スタンダード 20ブラック 5089001 20ブラック

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) BEER_トゥルーパイント_16oz 473ml 06キウイ 5089052 06キウイ

Hydro Flask(ハイドロフラスク) BEER_トゥルーパイント_16oz 473ml 06キウイ 5089052 06キウイ