架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

右側の「読者になる」ボタンを押して頂けるとブログの更新通知をメールやアプリで受け取ることができます。 是非読者登録をお願いします。
Please subscribe!

CXの26時間テレビ

SPONSORED LINK

夜中のさんま中居のコーナーとめちゃイケのコーナーは面白かったです。あと今日昼のヘキサゴンで、相手がヘキサゴンに慣れてないことに付け込み最終回答者が「ヘキサゴン!」と言わないと勝ち抜けられないルールを敢えて説明しなかった島田紳助に対して激しく喰ってかかり「底意地が悪い」と生放送で言ってのけたドランクドラゴン鈴木拓(この後問題の出題順を紳助が牧原アナに指示するようになり大負けしていたヘキサゴンチームの大逆転優勝を演出した)、それとさんま中居のコーナーの中で駅伝の中継が行われ、たすきを波田陽区に渡した小島よしおが暴走族に囲まれた所。必死で感動話に仕立てようとした紳助の横で茶々を入れまくったさんまと、紳助に「嘘泣き!」と言い放った中居のポテンシャルの高さを感じた一幕でした。
 
あと、「負けないで」をうっかり放送したのは絶対わざとでしょ。じゃないとテロップなんて出てこないだろうし。アナウンサーが「こんな曲じゃありません!」「(ここで歌いたかったのは)日テレの曲じゃありません!」という弁解も良くないと思います。
 
全体的に2年前のさんま総合司会の年に比べて低調でした。たけしも出てこなかったし。日テレの24hTVと同じ事をやってどうすんのよ。