架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

右側の「読者になる」ボタンを押して頂けるとブログの更新通知をメールやアプリで受け取ることができます。 是非読者登録をお願いします。
Please subscribe!

久しぶりにギターを肩にかけてみる

SPONSORED LINK

何となく、部屋の角に立てかけてある、インテリア同然の扱いになっていたギターを手にとって弾いてみたくなりました。ギターケースを押し入れから引っ張り出して、ゆずの楽譜集を取り出して弦を弾いてみる。何かおかしいな。それもそのはず。何ヶ月も弾かずに置いたままなので弦の調律が狂ってる。ギターケースからBOSSのチューナーを取り出してチューニング。何か久しぶりなので勘が狂ってるね。こういう事も忘れてるなんて。本当は弦自体も交換しなきゃいけないんだ。今度、新宿のヤマハに行って弦を買ってくるかな。ついでにショルダーキーボードも見てこよう。
 
と言うわけで、再び.20のピックを片手に掻き鳴らします。久しぶりのギター。CとかGとか簡単なコードとかしか覚えていないし、スムーズにコードを移行出来ないし、Fなどのフルコードは相変わらず押さえ損ねて変な音が出るけれど、でも、タブ譜見ながら「恋の歌謡日」やら「桜道3(桜道2でも可)」やら弾き語りしてみると気持ちいいです。やっぱギターは良い。最高。エレクトーンからキーボードに入った自分だけれど、ギターに転ぶ人が多いのもよく分かる。エレキでメロディーを弾くのは俺には無理だけど(笑)。
 
もう少ししっかり練習しないと人前で弾いたりは出来ないね。やっぱり福岡にいるときに博多駅交通センターの新星堂とかのギタースクールに通っておけば良かったな。残念。