架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

読者登録とはてなブックマーク登録も大歓迎です。宜しくお願いします。
Please subscribe!

収益モデルって何だろう。

SPONSORED LINK

「私」(ここでの「私」は私石谷のことではない)は面白いことをしたい、みんなを楽しませたい、その一心で色々作っていたり考えて企画したりしている。でも、私個人の力ではどうすることもできないので、その活動を企業という形で行っている。企業でやっている以上、関わっている全ての人の生活と、潰れないために僅かばかりでいいので企業に利益を出したい。次の企画を動かす運転資金も必要。その最低限のお金で良いから「面白いこと楽しいこと」の対価としてみんなから頂かせて貰いたい。でも一番大事なことはお金儲けではない。莫大な利益を得たいとは思わない。楽しんでいるみんなから大金をせしめて喜ぶようなことはしたくない。みんなも嬉しい、「私」らも嬉しい。そんなwin-winな関係を築いていきたい。あくまでみんな目線で頑張っていきたい。
 
でもそう思って企画したこと(収益モデル)が「金儲けに走った」「拝金主義」「守銭奴」等と言われて批判されファンが離れていく。広告モデルがほぼ崩壊し、スポンサーになってくれるところはいない。第三者からお金が出ない以上、資金は自分で稼ぐしかない(過去の収益モデルはアテにならない)。でもどうやったら…。
 
こういうことを考える機会がありまして。コンプガチャみたいなのをやれば当然嫌われる。でも嫌われずに最低限のお金を貰うにはどうしたらいいんでしょうね。