架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

読者登録とはてなブックマーク登録も大歓迎です。宜しくお願いします。
Please subscribe!

昼過ぎまで一眠りしたら良くなったので新宿へ

SPONSORED LINK

やらなきゃいけないことを先延ばしにしていたので、仕事は休みましたがこのタイミングを逃したくなかったので新宿へ。
東急ハンズでこれ買いました。
[rakuten:tokyu-hands:10202112:detail]
これのSサイズ。ストレージボックスってクローゼットの中を整理するための箱ですが、私はこれをコミケでホテルに滞在する時の着替えや延長タップなどを持っていくための箱にしようと思ってます。つまり、今キャリーバッグで運んでいるものをこれに入れようと思っているのです。何でキャリーバッグを止めようと思っているかというと、最近コミケでの冊子の頒布数が増えつつあって、今までだとキャリーバッグの中で収まっていたのが収まりきれず段ボールで運ばないといけなくなる事態になることが予想されるのです。そうなると、段ボールをカートに乗せて運び、それとは別にキャリーバッグを引くなんて事になりかねず、これは無理だなあと。こういう箱状のものを使えば段ボールとボックスを積んで一緒にカートで運べるのではないか?という浅知恵です。
 
これの良いところは、スチールのワイヤーフレームで骨組みがしっかりしていてカートに乗せてひもで縛っても大丈夫そうだと言うことと、上にものを載せていてもボックス前面がジッパーで開くので形を保ったままで中のものが取り出せること。つまりカートに括り付けた状態でも中のものにアクセスできそうなのです。ただこれ実は天面の蓋はジッパーなどでロックすることができないのです。なのでこれとは別にハンズでこれ買いました。

実はこのベルト愛用してまして、折り畳み状態のブロンプトンのフレームとホイールを固定するのもこれを使ってますし(サドルを押し込まないのでフレームとホイールを別途固定する必要があった)、ソロテントなどキャンプ用品のパッキングやコンプレッションにも使ってます。色んなところで活用させてます。まあ留め具とベルトだけなので自作しようと思えばできると思います。ハンズで買うと700円以上もしますし。こいつをストレージボックスの左右に括り付けることで蓋のロックが果たせるのではないかと。
 
で、帰ってきてから気付いたのですが、このストレージボックス、底面がキンコーズの段ボールの底面の大きさと全く同じでした。スタックが楽そうです。