架空自転車旅行社「ひとつな」

折りたたみ自転車ブロンプトンに乗って色んな土地を旅する石谷玲(いしやれい)です。自転車以外にもキャッシュレスな生活やデジタルガジェットなど沢山興味を持っています。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく『じぶんメディア』です。

アルプスあづみのセンチュリーライド2013のエントリーで泥沼にハマる

SPONSORED LINK

1時間半以上も延々とエンター!エンター!ミッショーン!とさせられ、カード情報入力を何度もさせられる罠に。翌朝でも全然エントリーできたみたいで、この2時間近くの努力は何だったのだろう。ちなみにこれ書いてる2/9時点では160km、120kmは全てキャンセル待ち、80km、40kmはまだ受付中みたいです。ちょっと前までは80kmもキャンセル待ちだったんですが、こちらは空きが出たみたいですね。ちなみに私は80kmでエントリー。
 
で、私が何故まだ踏破してもいない80kmを走ろうと決意したのかは、前日にロングライダースの皆さんや私がフォローしている皆さんが木崎湖にいるらしく、私もそれに混ぜて貰おうかななどと。記念写真も撮るみたいですし。それと、個人的に「アレ」に関わった以上、ある程度以上の距離を走れないなんてプライドが許さなかったというのが実は最も大きな理由で。