架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

小倉駅北口の「あるあるcity」

SPONSORED LINK

ラフォーレ原宿小倉。九州の若者文化を発信する役割を担おうとしたものの処々の事情で頓挫し潰れてしまっていたところに、近年の北九州市の一連の漫画アニメ関連のムーブメントでここを拠点にすることが決まったようで、北九州中のアニメ系ショップを一同に集めて開設されました。上階には北九州漫画ミュージアムもあります。
 
と言うところで今日行ってみたわけですが、さすがに有名チェーン店の揃っている3Fと4Fのまんだらけのゾーンが盛況で、しかも各ショップを回遊する姿も多く見かけ、シナジー効果が発揮されているのではないかと感じました。で、それ以外の階ですが、なかなか奮ってないなあと言う思いを強く感じました。こう言うのは核となる3Fの集客から他の階に「染み出」していくのが普通ですが、その染み出しの受け皿が非常に弱いなあと。直下の2Fが最も恩恵を受けるはずなのですが、閑古鳥が鳴いている有様。とりわけ休憩所として機能するはずのANIMAX MUSIX CAFEがかなり悲惨です。そしてその煽りを受けて隣のFate/Zeroショップも厳しい戦いをしいられています。やっぱりマックを呼び戻すべきなんじゃないのかなあ(無理なのを承知で書いてます)。あとアパマンフロア(1F)がかなりKYです。ゴルフスクールなんかこんなところに要らない。
 
3年後が心配です。