架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

引退した柴原の背番号1は内川が継承することに

SPONSORED LINK

移籍してきたばっかりの内川に外野手のエースの番号「1」が継承されることになりました。秋山現監督から柴原に渡り、今季で柴原が引退するため空位となる背番号ですが、まさか間髪入れずに内川とは。如何に内川が全幅の信頼を得ているかがよく分かりますね。個人的には最近若い番号を若い選手が付けることが多いため、走攻守揃った大型外野手である柳田が期待料込みで付けるのかなあなんて思ってました。
 

一昨年貰った柴原のサイン。宮崎キャンプの時、捕手の練習グランドに現れてひとしきり山崎らをからかった(一番ターゲットにされたのはまともにノックを上げられない的山コーチでしたがw)後、「よっしゃ!俺もサインするぞ!」と言って即席サイン会になった時に貰った物でした。
 
(余談)昨年までの過去三年間(今年は行けなかった)の宮崎キャンプ訪問で貰ったサイン色紙を眺めてたんですけど、退団した選手が多い…126トゥサント、22荒川、53金子、59鈴木、65藤井翼、33有馬、57三瀬、そして1柴原。逆に在籍選手となると、10中原、19森福、28大隣、30長谷川、45トゥーシェン、70田上だけ。まあサインボールなら松田のもあったり、ユニフォームには本多もサインして貰ってますけどね。