架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

日本シリーズ第五戦 王手

SPONSORED LINK

まあ…無死満塁だと普通はこうなるよな。前の試合の森福が異常なだけだよな。
 
この試合の見所は、先発投手の枚数のない中日がチェンを出してくるのは予想済み、中4日で果たして初戦のような好投が見られるかどうか。ホークスは山田の先発が濃厚、シーズンではエースにぶつけられる事も多かった若手左腕。この大舞台でも物怖じせずに投げられるかどうか。ここら辺だったと思います。
 
まず、先発予想は両軍当たりました。ところがチェンがあっさり小久保にタイムリーをもらい、昨夜の再現の様な初回失点。ホークスは初回に点を取る事が多いんですよね。そのリードを盤石の先発陣がしっかり守って行く。終盤投手が捕まっても吉川金澤森福が控え(終盤にはブラゾバンも戦力に)8回にはファルケンボーグ、9回には馬原が控える驚異的なピッチングスタッフ。今回の日本シリーズでは打のホークス投のドラゴンズなんて話もあったけど、そんな事はない、投だってホークスだよと言いたげな、そんな試合になったような気がしました。
 
チェンは細川にも懐かしのバスターでタイムリーを奪われ2失点。そして8回の悪夢へと繋がるのでした。
 
さて、対する山田。のびのびと、かつしっかりと腕振って投げてましたね。これが5番手6番手の投手とは思えない。セリーグの王者に対して力でねじ伏せるナイスピッチングでした。杉内和田攝津ホールトンの強力4本柱の後ろに今日の山田とか、交流戦で館山と無失点で投げ合った岩嵜、マー君抑え月間MVP獲得した大場、更に大隣もいるわけです。そりゃ強いわけだ。若手や他チームを首になったベテランが次々と覚醒して、今年のホークスはモンスタークラスのチームになりました。もうね、長年ホークスを見てきた私としては、嬉しくて涙が出る。
 
日本一へ王手をかけました。あとは明日明後日エース二人に賭けましょう。そして久しぶりの完全勝利の日本一の栄冠、ホークスが戴きましょう!テレビの前で応援してます。