架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

何年ぶりだろうか…牧のうどんに肉うどんを食べに行ってきました。

SPONSORED LINK

北九州の資さんうどんと並んで福岡県のうどんソウルフードと個人的に思っている、牧のうどん。かつては福岡の中心街にあるキャナルシティ博多の中に店舗があったので、よく自転車で食べに行ってました。そのキャナル店が気付いたら閉店していて、元々この牧のうどんの店舗は福岡の西の方に集中していて行く機会が無くそのままになってました。実は一店舗だけ、空港店だけ福岡空港の近くにあるので今回行ってみたわけです。
 

駐車場が広いですね。

隣には熊本でコアな人気を誇る北熊もあります。

反対側の隣には天ぷらのひらお。何でここには九州の地元民の胃袋を支えるコアな店が集まってるんだ。
 
注文したのはこれ。

肉うどんと唐揚げ3個、そしてかしわごはん。肉うどんとかしわごはんは定番中の定番ですね。ここではうどんなのに麺の堅さを選べます。私はいつも「かためん」を注文します。お盆の向こうにヤカンが見えますね。これは何のヤカンでしょう?
肉うどんを食べてみます。いりこで取った美味しいだしに、甘辛く煮付けた牛肉の汁が溶け込んで甘くコクのあるスープになります。しかしやや甘すぎるかな?そうしたときに先ほどのヤカンが登場します。このヤカン、実は中にはうどんのだしが入っているのです。これを適宜丼に足してうどんを食べるのです。ちょっと汁を啜ってはだしを足し、うどんを啜ってはまただしを足し、と言うことを繰り返すのです。ヤカンのだしがなくなれば店員さんに言えばまただしがいっぱい入ったヤカンを出してくれます。素晴らしい。他にも、刻みネギは入れ放題。うどん一杯だけでも腹一杯にしてくれるのです。
今回は更にかしわごはんと唐揚げも注文しました。九州と言えばかしわごはん、かしわめし。この香ばしい香りを嗅ぐだけで、九州に帰ってきたんだなあと思わせてくれます。唐揚げは、冷凍物だと思いますがうどんに良く合います。唐揚げの本場は大分中津を中心とする北部九州。福岡にも美味しい唐揚げ屋は多く、唐揚げはメジャーな食べ物なのです。
 
さて、本当に腹一杯になりました。お代は…

肉うどん540円、かしわごはん190円、唐揚げ140円、合計870円!こんなに食べて870円!安い!やっぱり東京プライスに慣れていると安くて美味いものが日常的に食べられる福岡はいいところだなあとしみじみ思ってしまいます。
御馳走様でした。
 
余談。今回私は空港から歩いていったのですが、結構歩きました。バスで行った方が楽そうですね。最寄りのバス停は

「席田会館」です。