架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

うちにiPhone4が来て一周年!

SPONSORED LINK

…は昨日でした。人事異動ですっかり忘れてた。
 
大学時代よりエンターテイメントZaurus(MI-E1)やVAIO U3からデジタルガジェットを常に携帯していた私ではありますが、iPhoneに出会うまでは日本のユビキタスネットワーク、lainの世界もまだまだ遠いなと感じてました。当時(と言っても一年ちょい前)の日本の最先端ユビキタスデバイスはウィルコムWillcom03で、正直バッテリーの保ちも酷く、OSはWindows Mobileであっさりストールするし、アプリは少ないしで使えない。使おうとした時に何故かバッテリー切れで使えなくても「まあいいか」で済んでしまうほどWillcom03を当てにしてませんでした。
 
iPhoneが登場した時は「アップルがiPodに携帯電話機能つけた」としか思っていなくて、スマホと言う認識はありませんでした。また、PDAのムーブメントが完全沈黙した今、スマホは日本企業が主導して広がっていくものだと信じて疑ってませんでした。それが徐々にiPhoneスマホとして使えると言う話を聞いて、そろそろ試してみようかと思ったのがiPhone4が発表されるWWDCのちょっと前でした。予約開始初日の仕事終わりにソフトバンクショップに並び、予約サーバパンクとかもありつつ手に入ったのが一年前の7/1。
 
iPhone4を買ってから劇的に生活変わりましたね。まずモバイルPCを持ち歩かなくなった。iPhoneだけで写真は撮れてブログも書けるので不要になりました。いつでもWebを見ることができて調べ物もできるので特にポタリングの際は大変便利です。また、この連携は最強だなと思ったのがWebとGPSの連携。位置情報から近所にどんな飲食店があるかの情報を入手したり、何処に喫煙場所があるかなども入手できる。全く知らない土地のスーパーのチラシまで見ることができる。今となっては当たり前のことなのかも知れないですけど、これは本当に凄いですよね。また、ゲーム機にもなる一面があり、このiPhone一台あれば外で何でもできるといった感があります。
 
iPhone4のブームにより、Androidの活性化もあり日本に空前のスマホブームがやってきました。電車に乗っていても、今まではみんな携帯を眺めていたのが、その半数位はスマホに置き換わっている。一年前まで疑問視していたユビキタス社会が急速にやってきている気がします。何か、私が夢見ていた世界がそこまで来てるのかなと思うと本当に嬉しく感じます。