架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

東京ラーメンストリートの蟹専門けいすけ北の章

SPONSORED LINK

前回、最大難所の六厘舎に行ってしまったので、今回はどこがいいかなと思った結果、六厘舎の目の前にあったけいすけへ。えびそばのイメージがあったんですが、今は蟹がマイブームなんですね竹田敬介さん。
 
「極上渡り蟹の味噌ラーメン」の大盛り(950円)と肉汁ぎょうざ(380円)を注文。少々待って出てきたのはこれでした。

ポカーン。何この丼。蓋でもしてるのかと思いきや、こういう形の丼でした。急に不安が募ります。
 
スープを飲んでみると、確かに蟹で出しをとってるだけあって美味いです。味噌の強い自己主張にも負けてない蟹エキス。

麺は太い縮れ麺。歯ごたえもあります。
 
ところが。丼の上に何気に置かれたおろし生姜。これをスープに加えると、さっきまで美味しかった蟹の風味が一気に感じなくなってしまうのです。サッパリとした味噌ラーメン、ただそれだけ。かなりがっかりです。あと、このクソ変な形の丼のお陰で、思った以上にスープが少ない。スープを楽しみたかったのに。もっと言うと、麺が見かけ以上に伸びやすい。最初の一口と数分後の一口はかなり別物です。
 
肉汁ぎょうざ。中の餡はかなり肉々しいですが、出てきてすぐ食べた一口に肉汁感はなく、あっつあつでもなかったです。380円。割高感は否めずがっかり。
 
そーなんすよねぇ。本当に美味ければ奇抜な丼なんか必要ないんですよね。具も、一口目のスープも麺も、個人的には良かったんですよ。なのでもう少し頑張ってみませんか、敬介さん。
 

ご馳走様でした。