架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

さすがに今日は負けると思っていたが…ホークス交流戦未だ負け知らず

SPONSORED LINK

テンポの良い東野のピッチングに内川以外手も足も出なかったホークス打線。8回も簡単に二死になっていよいよ完封負けかと思われたが長谷川がヒットで出塁。次は捕手細川の代打松中。その松中がストライクを見極め鋭く振り抜きライト前。二死一二塁で投手ホールトンの代打カブレラ。いつものカブレラならインハイの直球で簡単に空振るところですが、東野のアウトローのボールがストライクゾーンに入らず綺麗に見切るカブレラ。運命の8球目。枠に入れてきたアウトローのスライダー。何球もアウトローに投げられ目が慣れたカブレラにはそのボールを捉えるのは大したことではなかったようです。カブレラの打球は右中間を割りランナー2人が還り逆転となりました。中継ぎ抑えが盤石なホークスは8回森福、9回馬原で逃げ切り6連勝、交流戦4カード負け無しとなりました。
 
たったワンチャンスを逃さなかったホークスと、ホールトンの粘投に連打できなかった巨人。良い試合でしたが、東野にとってはあまりに悔しい試合になったでしょうね。あの回もあっさり二死までは行ったのですから、たった一つアウトを取ればあとは完封勝ちへのラストイニングだったわけで。野球って面白いけど難しいですね、本当に。