架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

育成出身、山田大樹が躍動するプロ初完封劇(ホークス 4−0 阪神)

SPONSORED LINK

一旦は3年の育成期間に支配下を勝ち取れず解雇になった山田。そこから王さんの目にとまり再育成契約を果たしたのは昨年のシーズン前のことでした。徐々に一軍にも帯同しはじめ、今年は遂にローテの一角を任されるまでになりましたが、5,6番手という印象でした。しかし今年の活躍を見る限りホールトンとならぶ稼ぎ頭に成長したなと言う感じがします。杉内和田のWエースの次は大場大隣ではなく山田(岩嵜)になるんでしょうか。それはそれで楽しみではあります。やっぱり若い選手が出てこないとチームは活性化しない。
 
ちなみに完封で飾った今日の試合、得点機会はいずれも(2回とも)長谷川出塁→細川送りバント→川崎レフトに大きい当たり→金本捕れなーい(笑)→タイムリー3ベースでした。更に城島の悪送球もあり阪神の自滅とも言える試合でした。山田はもとより阪神先発の能見もよかったですからね。ただ、能見にノーヒットに抑えられている時点でも何故か負ける気はしなかったんだよなあ。何でだろう。