架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

楽天、ブラウン監督解任

SPONSORED LINK

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100929-00000056-dal-base
ソフトバンクも人のこと言えないけど、このチームを見ていると、つくづく勢いだけで試合をしているような印象があります。行き当たりばったり。これが楽天イーグルス、と言うより楽天野球団の体質なんだろう。Yahoo!ニュースのコメントを見てみると、「三木谷辞めろ」の大合唱。逆にソフトバンクの孫オーナーは賛美の的になっています。
 
確かに楽天は初代監督の田尾氏、三代目監督のブラウン氏を1年で首切り、躍進に導いた二代目監督の野村克也氏も不本意な形で辞めさせています。ソフトバンク王監督ダイエー時代からそのまま続投させ、秋山監督が就任してからも球団の編成に関する全権を王さんに委ねています。昨年大当たりしたオーティズが怪我で離脱すると球団(王GM)はよりにもよって日本球界から離れて久しく、直近のシーズン(韓国)でもそんなに打っていたわけではないペタジーニを連れてきて、持ち前の選球眼と勝負強いバッティングでオーティズの穴を埋める活躍。楽天は低迷していても編成は特に手を打つわけでもなく現場を見殺しにしていきました。
 
個人的には福岡に球団を残してくれたことと、広く定着していた「いざゆけ若鷹軍団」を継続して応援歌に採用したこの2点を以て孫オーナーを評価しています。逆に球団買収後はあまり野球に興味を示さず携帯電話事業に情熱を傾ける向きも見られたためそれほど好感は持っていませんでした。チケット代は高くなったりどうしようもないところばかりスタジアムを改造したり(フェンスのカラーリング、ベンチの天井、ただでさえでかいビジョンの脇に更に細いビジョンを増設など)するのも一因でした。しかし他の球団ファンから見ると「金は出すけど口は出さない」オーナーだと思われているらしく、そのイメージに違和感を持ってました。でも今回の楽天の件や巨人のあの人、横浜の親会社などを考えると、そんなに悪いオーナーでもないのかなと考えを改めるに至っています。
 
楽天は球団ビジョンを早急に固めるべきだと思います。あまりにも行き当たりばったりすぎる。つまり、まずは経営陣、フロントから改革していくべき。選手や監督、コーチをどうこうする前にまずはそこだと思います。
 
同じようにゴタゴタを巻き起こすフロントを持つJリーグ2部・ジェフ千葉のサポでもあるからこそ、気になるのです。
 
余談ですが、これはないって、マジで。
http://www.daily.co.jp/baseball/2010/09/29/0003486682.shtml