架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

東京シティサイクリング2010

SPONSORED LINK

東京シティサイクリング
今日はこのイベントに参加してきました。
 
家を出たのは朝6:00。10分もかからないうちに立川駅に到着します。

今回サドルバッグをリクセンのスマイルから同じくリクセンのライトバッグに代え若干リア側への荷重が大きくなったためか、バランスが悪くなり輪行時後ろに倒れやすくなりました。注意して運ばないといけません。6:32の中央特快に乗って7:00頃新宿着。ブロンプトンを組み立てて都庁へ向かいます。
 

都庁前の都民広場で受付を済ませます。大会のビブスとガイドブック、そして試供品のアミノバイタルです。でも私はアミノ酸に関してはVAAM派なので(笑)関係なくスタート前にスーパーヴァームを飲み干します。ドリンクもヴァームウォーターです。

スタートを待つ参加者。今ここに並んでいるのは8:00スタートのCグループ。スタートは7:00スタートのAグループから9:00スタートのEグループまで、5グループに分かれて30分ごとにスタートします。実際はその中で更に数十台ごとに分けてスタートしているんですが。私は8:30スタートのDグループなのでまだこのレーンには入っていません。ちなみに今回のブロンプトン

こんな感じになっています。フロントバッグを付けなかったのは空気抵抗を減らしてスピードと走行安定性を高めたかったから。今回ブロンプトンを結構見かけたのですが殆どの人がフロントバッグのクロスパニアバッグとかC-BAG、S-BAGを付けてました。
 
さて、スタート!と思ったらスタート地点で絹代氏にインタビューされました。インタビューの内容はフレームに貼ってあるカッティングシートについてでした。どう答えたかあんまり覚えていないですが、実際に間近で絹代氏を見ると結構美人ですなあ。ちょっと嬉しくなった。
 
こうして本当にスタートしたわけですが、びっくりしたことに最初の1時間くらいは一部区間を除いて全く走れません。数m進んではストップの繰り返し。渋滞が凄いです。脇をすり抜けていきたいところですが交通規制のかかっていない公道なので一列縦隊での走行がルールとなっています。フラストレーション溜まります。参宮口の所だけ何故かスピードを出せたのですがみんな飛ばす飛ばす。ロードバイクに付いていって私も30km/hオーバーで走りました。ブロンプトンで。
 
代々木公園の中を走行し原宿を抜けるとようやく車間が広がりスピードを出せるようになりました。でも表参道の所なので信号多くてすぐにまたストップ。暫くこう言うのが続きます。それでもスピード出せるのは有り難い。青山に入っていきミッドタウンを通過し六本木へ。坂を下り溜池から新橋方面に向かいます。
 
第一エイドステーションのラ・ピスタ新橋エイドステーション。


って、新橋駅前の広場やんけ!ラ・ピスタとか聞いたこと無いから何処で休憩させられるんだろうと考えてました。ここではアクエリアスを頂きましたが、所々に見えるグラゾーの幟にグラゾーのペットボトル。もしかしてアクエリアスではなくグラゾーのビタミンウォーター配ってたりしませんでしたか?そっちの方が良かったな…俺。
 
エイドステーションを出ると、日比谷経由で晴海通りを一気に突っ切ってビッグサイトまで向かいます。この道は何度も走行しているので楽勝…と思っていたら晴海大橋の登り坂で大苦戦。一気に足がぱんぱんに、息も上がり体力を一気に持って行かれてしまいました。ペースダウンして何台も追い抜かれながら何とかビッグサイトまで到達、そこからほぼ惰性でゆりかもめのレールに沿って下を通行し、新豊洲駅のちょっと先にある第二エイドステーション・ららぽーと豊洲臨時駐車場に入ります。距離的には丁度中間地点。
 


駐車場なのでかなり広く、ゆっくり休むことができました。ここでは水とバナナが支給されますが、どうやら大量に余っているらしく何本でも持って行け、ここで喰えないならポケットに入れていっても良いとまで言ってくれています。大変有り難いのですが荷物が増えるので…。バナナはここで食べた2本だけ。水はこの場で1本飲み、既に無くなったヴァームウォーター、新橋で貰ったが用無しだったアクエリアスを捨ててもう一本水を貰いボトルホルダーに入れます。
 
そう言えばここで大変驚くものに出会いました。
ここに入ってきたときは全然気付かなかったんですが、私がブロンプトンを停めた数台隣にこれがありました。

リカンベント!東方!…一体どっちに驚けばいいんだ(笑)リカンベントだけでも珍しいのに、しかも東方のカッティングシート。低車高のリカンベントなので安全旗を付けなくてはいけないのですが、その安全旗も勿論東方仕様でした。今まで鷲宮とかで散々痛チャリとかを見てきましたが、これは非常に珍しい。あまりに驚いてしまったのでついついオーナーの方、一緒にいたロードバイクの方に話しかけてしまいました。私もスタート時に絹代氏にインタビューされたように、フレームにlainのカッティングシートも貼っていたこともあって、ここのエイドステーションで暫く3人で談笑。結果的にはここで楽しく過ごせたことで、晴海大橋に折られた(笑)心も復活しました。
 
コースは豊洲を直進し、コミケ時にベースキャンプにしている門仲、茅場町を通過します。その茅場町の手前、新川公園が第三エイドステーション。豊洲からほんのちょっとしか走ってません。もう少し先の方に設定して欲しかったですが、この先は中心街なので広場がなかったのでしょう。
 

ここでは熱中飴2個と水を貰いました。前回のエイドステーションからさほど走っていないのでそのまま通過しても良かったのですが、無理するとまた変なところで故障する羽目になるので、貰った水一本飲みきるまで休みました。このあと皇居から半蔵門まで一気に登らないといけないですし。
 
ここからは永代通りを大手門まで一気に通過します。日本橋、東京駅と交通量の多い地帯を横断するので大変でした。しかも前の一団が飛ばす飛ばす。ブロンプトンではしんどいわ。一番のネックは自転車ではなくてエンジンですけど。大手門からはパレサイ(パレスサイクリング、皇居前の広い通りを自動車通行禁止にして自転車専用に開放)の中を通ります。そして祝田橋から半蔵門までは皇居のお堀に沿って登りが…と思ったら国会議事堂まで直進してから内堀通りに入るよう。若干勾配が緩く軽減されたコース設定のため、そこまで辛くはなかったです。でもやっぱりこの道は新宿方面から下った方が良いな。
 
半蔵門から左折し新宿通りに入ってしまえばあとは四谷三丁目で曲がって神宮外苑に行ってゴールなので難所も全くありません。四谷で「ああ、終わったら何処で飯喰おうかな」なんて考えながら(「考えごとをしながら走らないこと」とガイドブックには書いてましたね)ゴールに向かいます。
 

神宮外苑絵画館前のゴール地点。私は手持ちの時計で13:42にゴールしました。8:30スタートなので5時間ちょいですね。休憩を意図的にしっかり取ったというのもありますが、やっぱり最初の牛歩がなあ…。そこがなければもう少し早くゴールできたかも。ゴール地点で先ほどのお二方と再会でき、また色々談笑。

記念に3人の自転車を撮りました。トレーラー付きのリカンベント、折り畳み、そしてロードと三者三様の自転車で同じコースを走ったんだなあと思うと感慨一入です。コースに対する文句、自分の体力の無さの反省は無いわけではないですが、総じて今回のイベントは割と楽しめたと思います。来年は…出るかどうか分かりません(笑)。
 
おまけ。この2,500人の自転車愛好家が参加する一大ビッグイベントの開会式。

…これ、リハーサルじゃないんだぜ。本番なんだぜ。ひょっとしたら谷垣がここで挨拶するかも知れなかったんだぜ。
 
(9/21追記)この日のサイクルコンピュータのデータはこんな感じ。
Tm 3:44'08
Dst 50.07km
Av 13.4km/h
Mx 38.4km/h
Odo 761.1(+2,100)km
最高時速すげー(笑)