架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

阿佐ヶ谷ロフトA「BOX発売記念&『宇宙ショーへようこそ』公開記念! 『R.O.D』『かみちゅ!』同窓会(?)ナイト」その2

SPONSORED LINK

19時45分頃開演。第一部は『かみちゅ!』編と言うことで、演者さんはこの通り。
倉田英之(脚本)
舛成孝二(監督)
・落越友則(プロデューサー(現・A-1Pictures))他の仕事のため遅刻
のベサメ組(ベサメムーチョ)、あとはゲストで
MAKO(声優・一橋ゆりえ役)他の仕事のため遅刻
峯香織(声優・四条光恵役)
森永理科(声優・三枝祀役)
それとかみちゅ!のムック本の告知でやってきた、「一迅社の人」と舛成監督に言われた、
大塚ギチ(サブカルライター)
 
大塚ギチが居る!何かロフトっぽい!w
 
「おもいでぽろぽろ」(思い出話)→アンケートで好評だった回ベスト3発表(途中でMAKO登場)→1位の話(第一話)を観ながら公開生コメンタリー→演者各人のお宝紹介の流れ。
 
最初はMAKOが会場に来ていなかったので、MAKO話。某大御所のお爺ちゃん(ごにょごにょ…)にこっぴどく叱られる声優初挑戦のMAKO18歳が峯香織森永理科の前では「全然平気ですよ!慣れてますから!」と強気だったのに電車の中で…みたいな話とか。実はたった今MAKOの経歴をwikipediaで知ったんですが、確かに逆境慣れしているのかも知れない。何か、天然で宇宙人みたいな娘だなあと思ってたけど、考え変わりました。この娘、ちょっとこれから注目していきたいと思います。いや確かに可愛いからってのもあるんだけどね。
 
21:30過ぎに第一部終了。非常に楽しかったけど、あれ?結構時間経ってるぞ?