架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

さっきくまざわ書店に行ってきたんですが…(自転車雑誌のこと)

SPONSORED LINK

何だか輪行メインの自転車雑誌が出ている、ブロンプトンが特集されていると聞いて見に行ってきたんです。そんでこれかなーという本は見つけました。

自転車と旅 (実用百科)

自転車と旅 (実用百科)

「鉄道に自転車のせて、旅に出ませんか?」の文句が実に私の思いと一致しています。しかも別冊付録が「All About BROMPTON」と一冊丸ごとブロンプトン。えっと、次のコミケブロンプトン本作ろうとしてた俺の立場は一体…orz
 
しかし中身は私好みの内容で非常に面白く読ませて貰いました。南房総ルートは実際に走ってみたい。別冊のAll About BROMPTON読むと、改めてブロンプトンのフォルムのすばらしさ、職人の心意気などを知ることができ、一層愛着が深まりました。私のブロンプトンもあの場で手作業で作られたと思うと、嬉しくなってしまいます。惚れ直しますね。
 
で、これ買って帰ろうかなと思ったんですけど、他の自転車雑誌も読んでみようかなと。手にとってパラパラとめくってみると、輪行の本だった。次のはミニベロの特集があった。その次は輪行グッズの特集があった…何やねん!そんなんばっかやないか!俺に全て買えと!…無理ですお金無いですごめんなさいorz
 
仕方ないので上記の本とあと以下の2冊も買いました。
自転車と行ってきます! (エイムック 1812 自転車生活)

自転車と行ってきます! (エイムック 1812 自転車生活)

ただでさえ自転車雑誌は高いのに…。