架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

西川貴教がアニメ談義で大暴走した「もっとビーサイ!2009メリーFACEマス」

SPONSORED LINK

で、そのオールナイトイベントの感想です。あ、今、新宿西口のマックでこれ打ってます。眠いよオイ。
 
23:00開場の24:00スタート。まずはサンタの格好の石川昭人、ぶるんぶるん平田と私服の本間俊彦が観客入口から登場。何かを客に投げつけてます。何か?これ。

こう見てみると危なそうなものに見えなくもないですが(末端価格がどうとか)中身は乾燥クラゲと乾燥キクラゲ。何故ってのは多分本編のPodcast聞いてる人しか分からないと思います。
 

パーソナリティの自己紹介に続いて、リスナー弄り。どこから来たかという定番ネタと事前に募集した「食いつきの良い自己紹介ネタ」のコーナー。うちの出身大学の特別研究員が酷いラジオネームでこのPodcastの常連ハガキ職人になってるのはどうしたら良いんだろうと毎回思っていたりします。今日もその人弄られてました。「お前、旧帝大だろ!?」と。
 
早速今日のメインコーナーである本間さんの不要品バラ撒きイベントの映像へ。事前に募集した10人の「全国の」リスナーに不要品を押しつけに行くイベントなのですが、どこのリスナーの家に行くかはその場で引くクジに依って変わるわけです。その運命を託されたのが本間さん。相変わらず神が降りる本間さんの「引き」に一同大爆笑。最も遠い場所をしっかり引いてくれます。もちろんみんな一緒にワゴンで移動。ラブワゴンならぬデスワゴンと化す有様にやはり一同大爆笑。
 
そうです。全国的には「水曜どうでしょう」の企画のような、九州の人にはKBCドォーモの福岡ビンゴみたいな企画だと思ってください。
 
そのビデオの合間、AM1:30ごろにシークレットゲストと称して、夜ライブをやってた西川貴教が乱入してきました。いや、個人的には散々Podcastで前振りしてたので気付いてましたけど、やはり西川が来ると盛り上がりますね。西川貴教のオールナイトニッポン(以後、西川ANN)の放送作家だったこの3人と、特に石川昭人とは絶妙のトークを繰り広げていました。互いに毒づき合い、そして互いの身体を労るそのツンデレぶりには10年以上ラジオで一緒に連れ添った仲の良さが垣間見えました。

 
ところがトーク後半西川貴教がアニメトークで大暴走!石川昭人が黙ってしまう一幕がありました。
・西川、地方のアニメイトには(名の売れた今でも)よく行ってるらしい
・西川、同人フロアに立ち入ってしまい「その領域は踏み入れちゃいけない」と引き返す
・「何故アニメイトに行ってるの?」の問いに西川、「俺が観たいアニメはTSUTAYAとかでは売ってない」
・西川、アニメ主題歌をやるメリットを「アニメのDVDを黙っててもくれるから」
・西川、アニメのDVDが2話収録6,000円から全然下がらないことを嘆く
・西川、ヘタリアの放映中止について言いたいことがあるらしい(詳細は敢えて触れません・汗)
・西川、涼宮ハルヒの憂鬱にも言いたいことがあるらしい
・西川、ブラックラグーンの主題歌をやりたかったらしい
・西川のガンダムのCMの監督は西川ANNのヘビーリスナーだった
・西川、ガンダム30周年記念で何かやるかも
・西川、「アニメは仕事じゃない、趣味」
・ただ、アニメ主題歌の仕事はミュージシャンとしてのリスペクトを持ってオファーして欲しいとも
・つまりアニソン歌手というカテゴライズに自分を与することは本意ではないらしい
本当アニメ大好きだな西川貴教
 
この西川という人間。ライブ明けで疲れてるだろうに、15分のトークゾーンを大幅超過。1時間も喋っていきました。さすがだわ。タフ。そんでトークも面白いし。何というか、今の修羅場から解放されたらまたラジオやってほしいなあ。
 
その後は細々としたトーク、イベント映像、Podcastのレギュラーのコーナーをやって、最後に石川ホンマぶるんのエセビジュアル系バンド"Signal to Noise RATIO"のライブ。いつもは頼りない本間さんが輝いて見えるコーナーです。今回も生き生きとギターを振り下ろしかき鳴らす本間さんに大絶賛。ぶるんさんも猛練習でベースが弾けるようになり、石川さんは西川ANNのEDテーマだった「ルーシーはムーンフェイス」などを熱唱します。アンコールでまた「ルーシーはムーンフェイス」を歌った後、挨拶をして終了。

 
このイベントは放送作家という、素人でもないがプロのイベント屋でも芸能人でもない3人がいちから作っている感覚がはっきり伝わってくるので非常に好きです。大人数ではない場で素の西川貴教が見れるのも希有なことだし、このビーサイというかなり特殊でニッチなPodcastの良さがよく理解できるイベントだったんじゃないかなと思いました。

 
あーやっと書き終わった。早く帰って寝よう。