架空自転車旅行社「ひとつな」

折りたたみ自転車ブロンプトンに乗って色んな土地を旅する石谷玲(いしやれい)です。自転車以外にもキャッシュレスな生活やデジタルガジェットなど沢山興味を持っています。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく『じぶんメディア』です。

この場では書いてない気がしますが(プルーンの話)

SPONSORED LINK

私が好きな果物がいくつかありますが、ブルーベリー、ライチと並んで好きな物に「生プルーン」と言う物があります。プルーンとして売ってるんですが「プルーン」と書くと普通の人はドライプルーンを想定してしまうので敢えて「生プルーン」と呼んでます。

でっかいブドウみたいな風貌です。これを皮ごと囓って食べます。

普段こんな食べ方はしないんですが、中身を見せる為、ナイフで切ってみました。真ん中の種は意外と大きいですがそれ以外は全て可食部位です。この黄色い実が未熟であればサクサク感と爽やかな酸味が、完熟であればややねっとりとした食感と濃厚な甘みが楽しめます。個人的にはやや熟れかけた辺りがサクサク感と甘みが両立していて好きです。
 
でもこの生プルーンは旬である夏にしか食べられないのです。しかも売っているスーパーも多くない為、運が良くないと食べられない果物です。6,7年ぶりじゃないかな、私がこれ食べたの。