架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

五反田のリベラで肉!肉!

SPONSORED LINK

マイミクさんがステーキハウスの話をしていて(別にステーキの話でもなかったんだけど)、そう言えば俺今日給料日だ、最近リベラ行ってないなあ、よし行ってみるかと決心。電車をぷらぷらと乗り継いでやってきました五反田。どっかにプロ野球選手かエロいフリーアナウンサー居ないかなあとか思いながら(居ねぇよ)駅前の国道一号線の坂を登ること10分強。幸福の科学を過ぎてちょっと歩いた先にその派手なカラーリングのお店が見えてきました。

ここがリベラです。中は狭くカウンター10席ぐらい。前にも書いた気がしますが、店内は所狭しとプロレスラーの写真が飾ってあります。
 
「ポンドステーキ、レアで。あと、野菜」
 
これが私の定番の注文です。ポンドステーキとは1ポンドもの量のあるステーキ。だいたいリベラではレアで出てくるのですが、たまに焼きすぎで出てくることがあるので念のためにレアを宣言しておきます。野菜とは生野菜とメニューに書いてあるサラダです。ワイルドに大きく切られたレタス、トマト、キュウリに胡椒の効いたドレッシングがかかります。

ものの1分くらいで焼き上がります。吉野家もびっくりのスピードです。1ポンドの肉ってのは威圧感がありますが、実際に食べてみるとあっさり完食できます。

切ってみるとこんな感じ。血が滴っているわけではありませんが、中は真っ赤です。火が通っていないので柔らかくて後々まで美味しく食べられます。ソースも飽きがこないニンニクやタマネギ、大根おろしを効かせた醤油ベース。私が東京で食べたステーキで一番美味しく思ったものがここのステーキなのです。