架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

前輪もチューブ交換しました

SPONSORED LINK

前輪は変速機のある後輪よりも機構が簡単なので交換しやすいかなと思ったのですが、そうでもなかったです。パンク修理はチューブのある自転車に乗る以上避けて通れないので、経験できて良かったと言うべきか。こういうことやって初めてそのもののメカニズムを知るんですね。爪の付いたスペーサーを噛ますのは前輪後輪共通とか。
 
あーあと前回の教訓に東急ハンズで買ってきた15mmラチェットレンチは非常に役に立ちました。仕事でもラチェットはよく使ってますが、ラチェット万歳。通常の15mmスパナも別に必要(中のボルトを固定するため)なのでブロンプトンに乗る時はなるべく薄型の15mmスパナと15mmラチェットレンチは常備しておくようにしましょう。ちなみに15mmはそんなに工具の種類がありません。東急ハンズでも、他のサイズは幾つか種類があるのに15mmはほとんど選択肢はありませんでした。
 
先日の後輪もそうだったんですが、パンク穴が2つ、ほぼ同じところに空いてました。イージーパッチを2枚貼り付けて予備チューブとしてますが、その内またパンクしそうだな…。またチューブ買って置いた方が良いのかも。あとイージーパッチも。