架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

一方的な最下位決定戦(福岡ソフトバンクホークス×千葉ロッテマリーンズ)

SPONSORED LINK

試合終わって二次会も出て、今は千葉駅のサンディーヌEXPRESSでまったりしてます。
 
海浜幕張駅に着き、球場行きのバスに乗ります。

ん?これは…

バスの壁一面に西岡のポスター。こっこれはキモ(以下略)。ちなみに前回OP戦で来た時はIGUCHIのポスターでした。暑苦しくて京成バスの美的センスを疑いそうになりましたが今回も凄い…ですね。
 
球場に着くと杉内が大ピンチ。3−2になってました。てかいきなり3点も獲ってたのね。

レフトスタンド。ビジターなのに結構入ってます。この画像見てわかると思いますが私はスタンド最前列に陣取りました。
 
今日のロッテファンはまたうるさいんだろうな…

んんん?何やらキナ臭い雰囲気が…
そうこうしている内に竹原のショートゴロの一塁でのアウトの判定にボビー飛び出し猛抗議。ようやく振り上げた拳を収めて帰ったと思ったらまた出てきた!審判即退場コール!何やっとんねんボビーは…
 
しかし先発杉内の調子は一向に上がらず、4回にはベニーにHR打たれ私のすぐ斜め後ろに打球が突き刺さりました。更に2点を献上。結局杉内は5回5失点と散々な成績でした。エースなのに。
 
ところがもっと酷いエースがすぐ近くにいました。ロッテの先発の小林宏之。コバヒロはこの逆転の直後に今好調の4番小久保と5番長谷川に連続タイムリー、6番田上には犠牲フライを許し7番柴原にもタイムリーが生まれ結局この回4失点でホークス再逆転。7−5とします。コバヒロKO。
 
8回表。ロッテピッチャーは2イニング目の小宮山。かつてのロッテのエースです。先頭打者は今日偉く打っている柴原。打ち上げた打球は猛然とダッシュしてきたセンターのグラブに…入らない!元々俊足だった柴原、それを見て三塁まで到達!高谷四球の後、森本が柴原を帰すタイムリーで8−5。ボロボロの小宮山をマウンドから引きずりおろし、本多川崎松中と左が続くのでロッテは川崎をリリーフに登板。しかし勢いは止まらず本多にヒットを許すと無死満塁。川崎は倒れるものの松中がしっかり犠牲フライで高谷が帰ってきます。9−5。そしてロッテの息の根を止める小久保のセンターバックスクリーンに飛び込む3ランHR!!!これで12−5、点差が7点に!これで勝負ありました。
 
最後の9回にはお久しぶりの藤岡。

いつものサイドスローですね。やっぱり四球を出すも無失点で抑え、ホークス勝利。


田上がヒーローインタビューでした。「小久保さんがヒット打ったのでどさくさ紛れに打った」に大爆笑。


勝利後の二次会です。その日のスタメンなどの応援歌を歌います。一番声が出ていたガタイのいいあんちゃんの「ジャニーズ」発言に一同大爆笑。そんなこんなのレフトスタンドですが、後ろ(ライトスタンド)から何やら声が…

あんたらまだやってたんかい。
 
グラウンドでは親子ベースランニング企画が。ファニーな音楽が流れ、ピクニック気分。

ふとスタンドを見ると、

あー…そろそろ空気読んだ方が…。まあ批判したい気持ちも分からなくはないけど。
 
と言うわけで大勝したのは良いんですが、千葉ロッテの方も色々ズタボロの様で。小久保と柴原はそろそろエンジンかかってきたかな。長谷川は相変わらず素晴らしい出来。高谷も森本も頑張ってます。でもうちの江川も代打に出して欲しかったな…松中どうした。犠牲フライは最低限の仕事。世界の4番に期待しているのはそのレベルじゃないはず。開幕当初の勢いが無くなってきた今が踏ん張りどころです。