架空自転車旅行社「ひとつな」

折りたたみ自転車ブロンプトンに乗って色んな土地を旅する石谷玲(いしやれい)です。自転車以外にもキャッシュレスな生活やデジタルガジェットなど沢山興味を持っています。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく『じぶんメディア』です。

劇場版CLANNADのDVD発売開始

SPONSORED LINK

昨日が発売日で今日購入。通常版とコレクターズエディションとスペシャルエディションの3種類が出ています。私はコレクターズエディションを購入。特典は一長一短。どっち買っても一緒です。
 
友人A氏や某BのFさんなどから酷評されてる劇場版ですが、かなり完成度の高い良い作品に仕上がっています。ちなみに勘違いされやすいですが、「ゲーム版CLANNAD」(以降、原作)のアニメ化ではありませんので念のため。原作のシナリオだけがCLANNADだと思っている人には劇場版もTV版(京都アニメーションが制作している方)も向きません。原作だけやっていてください。そう言う人には良い作品悪い作品関係ないです。自分の頭にない設定は悪い設定、じゃ残念ながら評価はできませんので。
 
前も感想を書いたので今回は割愛しますが、何度見ても泣けますね。あとは春原は素晴らしいキャラに仕上がっている。脚本(原作のことではない)端折りすぎてる感もありますが、それでも上手く90分の尺にまとめているなと思います。逆に京アニ版は2クール与えられてまとめきれず構成頓挫してますし…。そこら辺は(原作ファンからは悪評ばかり立っていますが)出崎監督の手腕のなせる技でしょう。演出の古さもありますが、安心して観ていられ90分の時間の長さを感じさせません。逆に京都アニメーションがアニメ版のような感覚で劇場版作ったら30分で飽きてしまうのかもしれませんね。どうでもいい演出に手を掛けすぎて。
 
まあ杏のポジション、ことみの出番、ED3曲並べたせいで小さなてのひらサビまで辿り着かず、の3点については苦情が出ても仕方ないとは思います。