架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

いつの日か手に入れたいANAスーパーフライヤーズカード

SPONSORED LINK

これを手に入れる最低条件であるANAプラチナサービスを受けるためには、東京-福岡換算で何回往復しなきゃいけないかを調べてみました。条件が二つあるので、それぞれについてチェック。
 

  • 年間プラチナポイント50,000ポイント以上

 →東京-福岡旅割運賃(424マイル、848プラチナポイント)往復で1,696ポイント→30往復必要

  • 年間搭乗回数50回かつ年間プラチナポイント15,000ポイント以上

 →1.搭乗回数50回→25往復必要
  2.年間プラチナポイント15,000ポイント以上→9往復必要
   →つまり25往復必要
 
と言うことは1ヶ月に2回福岡に行けばいいのか(あと1往復は出張か何かで)。旅割運賃だと片道およそ15,000円くらい。つまり一ヶ月15,000円×4で月60,000円を全日空に出資しないとスーパーフライヤーズになれないのか。厳しい壁だ…
 
てか、普通は出張で稼ぐものでしょうに。