架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

岡田、お前は清原か?

SPONSORED LINK

Infoseekニュース|ニュース速報、芸能ニュース
そりゃ相手の4番に強烈な内角攻めを講じるのは当然でしょ。もしかしてセリーグには内角攻め禁止なんて条項でもあるんですか?だとしたら長くセリーグにいた清原が先日死球で激怒し報復宣言したのも、こういう背景があるのかなあとも思ってしまいますが、そんなことはないですよね?そこまでセリーグが甘ちゃんリーグとは思いたくない。
 
確かに金本は連続出場記録を更新していて、死球で記録が途切れさせたくないという気持ちも分かります。先日の松井の骨折が引き金になっていることも容易に想像できます。
 
でもね。だったら打つなって話です。相手が打つ以上、四番である以上、成績が良い以上攻めが厳しくなるのは当然です。西武の松坂なんて東尾仕込みの強烈な内角攻めがあってこそのエースですよ。(当時)ダイエーの秋山が顔面死球を受けたのは今でも忘れられません。野球ってそういうスポーツじゃないの?
 
ここがヘンだよ岡田監督。