架空自転車旅行社「ひとつな」

本業会社員の兼業ブロガーです。興味を持っていることは、キャッシュレスな生活、旅、デジタルガジェット、グルメ、自転車(折りたたみ自転車、ロードバイク)、ライフスタイル(VAPE、文房具など)など。このブログはそんな多趣味なアラフォーの僕、石谷玲(いしやれい)が運営する『じぶんメディア』として、興味を持っている物全てに対して実際に体験したことを全方位で情報発信していく超・雑記ブログです。

焼肉ライク立川通り店最速プレオープンレポ!【立川・国分寺】【一人焼肉】

SPONSORED LINK

f:id:R_I:20191203190859j:plain

一人焼肉なんか寂しくないぞ!!!

皆さんは一人焼肉を体験したことはありますか?

一人カラオケなどと並んで、おひとりさま活動でも難易度が高いと言われているのが一人焼肉です。

焼肉なんてワイワイ友達や家族みんなで食べに行くモンだろ?

その通り!(児玉清or博多華丸ばりに)

ところが友達もいない彼女もいない僕、石谷玲( @R_I )は、牛角などのファミリー焼肉店でさえも一人焼肉を楽しんでいたのでした。

f:id:R_I:20191203191519p:plain

…本当に楽しんでいたんだよ!

うわあああん(涙)

そんなあまりに残念なロンリーヤキニキストの僕じゃなくても、気軽に一人焼肉が楽しめるチェーン店がこの日本にはあるんです。

それが焼肉ライク

f:id:R_I:20191203192433j:plain

今回は、立川というか国分寺のはずれもとい郊外に今日12/3(火)誕生した焼肉ライク立川通り店のプレオープンの様子をレポートしてみます。

f:id:R_I:20191203192909j:plain

結論を先に書いておくと、

僕が考える焼肉ライク立川通り店のここが良かった!は、

  • 気軽に焼肉を楽しめる値段ボリューム
  • 秘密基地感あるおひとりさまカウンター
  • 飲んでもバスで帰れる交通の便の良さ

僕が考える焼肉ライク立川通り店のここはも少し頑張って!は、

  • 現金以外の決済も使いたい!

詳しくは下の記事をどうぞ!

焼肉ライク立川通り店に行ってみよう!

焼肉ライクの郊外展開は幸楽苑ホールディングとの共同事業

焼肉ライクは元々一人客をメインの客層に設定した事業のため、都心に店舗を構える傾向にありました。

秋葉原とかにもお店がありますね。

しかし、経営に苦戦するラーメンチェーン店の幸楽苑がこの焼肉ライクの親会社である株式会社ダイニングイノベーションとフランチャイズ契約を結び、共同で郊外店のプロジェクトを立ち上げています。

つまり、幸楽苑の郊外店を焼肉ライクに業態転換する動きが始まりました。

実はこの焼肉ライク立川通り店も、元は幸楽苑国分寺西店だったのです。

立川の都心からは3kmくらい離れた、立川通りの郊外に位置する幸楽苑が、一人焼肉で有名な焼肉ライクに変わったのですから、衝撃的で最初はイミワカンナイ!だったのです。

場所、営業時間等の店舗情報はこちら!

住所:東京都国分寺市西町5丁目12−2

電話番号:042-580-1048(予約は承っていないとのこと)

営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:45)

座席数:42席

喫煙席:なし(完全禁煙)

駐車場:有(26台)

立川通りと言いつつ、ここは国分寺市なのです。

前身の幸楽苑国分寺西店が「国分寺西店」なのは、実はここが立川市ではなく国分寺市だったからでした。

注文方法

入店して一人用のカウンターに座ってみます。

f:id:R_I:20191203193500j:plain

f:id:R_I:20191203195858j:plain

メロンソーダがあるのはプレオープン時のサービスでした。

中央にくぼみがあり、その向こうにロースター。

それにしても手前のこれ、何のくぼみだろう…

このカウンターの左上にiPadが備え付けられています。

f:id:R_I:20191203193711j:plain

これが注文端末。

ちなみにこのカウンターの右側にはお冷の注ぎ口があります。

f:id:R_I:20191203193829j:plain

なんか回転寿司屋の給湯口みたい。

メロンソーダの向こう側にあるのが肉を焼くためのトング。

今回は手っ取り早く満腹になりたいため、一番安く量の多い「メガ盛り!!プレート」を注文してみます。

f:id:R_I:20191203194355j:plain

バラカルビとイベリコ豚カルビとホルモンで合計450g、1ポンドで1,540円と、焼肉店にしてはかなりリーズナブルなセットです。

さらにごはん・スープ・キムチ付き。

サイドメニューを頼まなくてもこれだけで満足できそうです。

また、量ではなく美味しい肉を少しだけ食べたいというお客さんのための匠カルビやみすじなどのプレートも数多く用意されているので、あらゆるお客さんに対応できるメニューだなと感じました。

もちろん、美味しい肉をもっといっぱい食べたい人に、少量から肉を追加できるメニューもあります。

サイドメニューは先ほどの写真にも少し載っていましたが、海鮮スンドゥプ、サンチュ、ちょい足しカレー、究極のTKGなどがあります。

かなりのバリエーションがありますので何度来ても飽きないかも。

また、ビールやレモンサワーなどのアルコール類もあります。

もちろん、車を運転するお客さんはアルコールNG。

お店のすぐ近くに西武バス・立川バスの幸町三丁目バス停がありますので、飲む人はバスで立川駅や近隣の西武線の駅(東大和市駅や久米川駅、東久留米駅等々)から来店するのもいいですね。

この立川通りを通るバス路線は夜遅くまで運行されているので、焼肉ライク立川通り店の閉店時間である23時に店を出ても、余裕でバスが走っています。

そう考えると、郊外店と言ってもこの立川通り店は交通の便が良いので使い勝手が良いかもしれません。

一人焼肉に最適化されたカウンター

さて、それでは先ほど頼んだ「メガ盛り!!プレート」がやってきました!

f:id:R_I:20191203193500j:plain

f:id:R_I:20191203195210j:plain

カウンターの中央にあったくぼみに、横長のトレーがぴったりとハマるようになっていました。

トレーごと提供する形にすることで、狭いカウンターでもスペースを有効に活用できるようにしていたのか!

焼肉のたれはiPadの反対側、右側上部に備え付けられています。

f:id:R_I:20191203195505j:plain

前列に生醤油だれが2種類、味噌だれ。

後列におろしにんにく、コチジャン、レモンだれとなっています。

こんなにたくさんのたれの種類が用意されているとは思いませんでした。

たれ皿に2種類たれを入れられますので、僕はオーソドックスな生醤油だれ濃厚コクと、イベリコ豚があるのでさっぱり食べられるレモンだれをチョイス。

ちなみにロースターのスイッチパネルはカウンター壁面の右側にありました。

f:id:R_I:20191203195725j:plain

AボタンとBボタンを同時押しすると火が付きます。

火の調整や消火もパネルから。

この狭いカウンターだけで注文から配膳、調理全ての動作が完了するようにできています。

これは面白い。

ちなみに割り箸やお手拭、つまようじはカウンターの引き出しに入っています。

f:id:R_I:20191203200545j:plain

f:id:R_I:20191203200026j:plain

何か学習机から鉛筆を取り出すみたい!

なんだか秘密基地感ありますね。

焼肉を焼いて食べてみよう!

実際に焼いて食べてみましょう。

f:id:R_I:20191203200223j:plain

結構火力は強くしっかりと焼けます。

じっくり焼きたいときはパネルで弱火に操作すればいいので、一人用ロースターの実力は十分ですね。

火の通りが悪いホルモンも美味しく焼けます。

f:id:R_I:20191203200818j:plain

ホルモンはちゃんと味噌だれに漬け込まれ、余分な脂もしっかりと直火で落とせて美味しいです。

ホルモンを目の前で焼いてつまみにしながらビールってのはかなり良さげ

お手軽に楽しめそうで希望が湧きます。

次にイベリコ豚カルビ。

f:id:R_I:20191203201249j:plain

この写真を見ると分かりますが、8割くらいが脂。

ちょっと詐欺られたかなあとも思いましたが、実際に焼いて食べてみると意外と脂分はしつこくなく豚肉の旨味がしっかり感じられてこれまた思ったよりも美味しい

f:id:R_I:20191203201355j:plain

脂の比率を見る限り肉質的にはそれほど良い部位ではないのかもしれませんが、美味しく頂ける工夫はされているように思います。

最後にバラカルビ。

f:id:R_I:20191203201432j:plain

これは肉が非常に薄いです。

しゃぶしゃぶの肉のように薄い。

ですので片面だけ数秒さっと焼いて、上面にまだ赤さが残ってるうちに、上面に滲み出た肉汁を漏らさぬよう包んで、たれをさっとつけて食べてみました。

焼しゃぶみたいな感じですが、これが割といける。

薄くても牛カルビの美味しさを堪能できました

質よりも量を求めるプレートなので、安価なホルモンに脂身の多い豚肉、薄く切り枚数を稼いだカルビと苦労が垣間見えるメニューでしたが、これだけ美味しく食べられれば上出来。

なお、実はごはんのおかわりは何杯でも自由に注文できました。

f:id:R_I:20191203201820j:plain

これもメニューには期間限定と書かれていたので、プレオープン時のサービスかもしれません。

わかめスープもキムチも堪能できましたし、これだけ食べて、ごはんも2度おかわりして、1,540円(税込みで1,690円)。

f:id:R_I:20191203202116j:plain

定食+αくらいの値段で楽しめる焼肉としてはかなり僕的には満足度が高かったです。

プレオープンが終わってもまた行ってみようと思えるお店でした。

精算方法は現金のみ

実はここ焼肉ライク立川通り店のお会計は現金のみ。

チェーンの焼肉店ですが、お会計は現金のみ

焼肉ってお酒も飲む人が多いし、比較的客単価が高くなる傾向がありますが、それでも現金のみ。

これはちょっと改善して欲しいかなと思ってます。

色々頼むと一人焼肉でも2,000円とか3,000円とかのお会計になりそうですし、家族や団体さんならもっと金額が上がります。

そうなると、やはりカードが使えたりPayPayなどのキャッシュレス決済が使えないのはちょっと不便に感じる可能性が高い。

サイゼリヤのように手数料分もケチって安くしてますということなのかも知れないけど、もうちょっとどうにかならないかなと思いました。

ひょっとしたらプレオープンの時だけの対応かも知れないので、少し様子をみてみようと思います。

SPONSORED LINK

 

ファーストフード的にちょっとおなかがすいた→焼肉食べに行こう!ができる幸せ

正直言うと行く前は焼肉ライクを侮っていました。

大層なシステムを見せつけておいて肝心の肉はショボい、みたいなのを想像していたのですが、焼肉ライクはしっかりと肉の方も努力してるなあと言うのを感じました。

これなら、ちょっとおなかがすいたなあ・・・よし、焼肉ライクに行くか!みたいな、マクドナルドやラーメン屋に行くように焼肉ライクに行くという使い方もできそうです。

僕が考える焼肉ライク立川通り店のここが良かった!は、

  • 気軽に焼肉を楽しめる値段ボリューム
  • 秘密基地感あるおひとりさまカウンター
  • 飲んでもバスで帰れる交通の便の良さ

僕が考える焼肉ライク立川通り店のここはも少し頑張って!は、

  • 現金以外の決済も使いたい!

立川駅から3km程度と散歩で来るにはちょいと距離のあるエリアですが、一度バスでも徒歩でも来てみて、この面白いシステムの焼肉を堪能してみてはいかがでしょうか。

僕的には、ここでホルモンなどをつまみつつ一人飲みってのが良さげかも。

自分なりの楽しみ方を見つけてみるのもいいかもしれません。

それでは。

立川グルメの記事一覧

ここ数年、立川市やその周辺はめまぐるしい発展を遂げてきました。

それに合わせて美味しい飲食店も増えてきました。

元からあった店、新規でできた美味しい店、色々ありますが、その中でも私が実際に食べて美味しかったメニューだけブログで紹介するようにしています。

立川に遊びに来た際の食事は、是非こちらを参考にして頂ければ幸いです。

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com

www.hito-tsuna.com