架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

読者登録とはてなブックマーク登録も大歓迎です。宜しくお願いします。
Please subscribe!

キャリーミー昔乗ってたなあ…

SPONSORED LINK

f:id:R_I:20170829011047j:plain

きっかけはこの記事

ニュースサイトGigazineさんで8月27日付でこんな記事が上がりました。

gigazine.net

台湾で入手したキャリーミーで福岡の能古島を走ったという記事です。そう言えばつい最近某凄い人がキャリーミーで凄いことやってますよね。乗ってた人間としては驚異としか言い様がなくて。

ということで私のキャリーミーの思い出

私が折りたたみ自転車に乗るきっかけになったのが「らき☆すた」の鷲宮幸手聖地巡礼だというのは何度も書いた気がしますが、まず購入したのがそのキャリーミーだったわけです。2008年の5月のことでした。 

cycletourism.hatenablog.com

 生まれて初めての輪行ポタリングは新宿から東京駅までだったようですね。 

cycletourism.hatenablog.com

 こんな感じで、物珍しそうな目で見られながら走ったり輪行準備したりしていたのを覚えています。

折りたたみ自転車を買ったのは聖地巡礼のためでしたので、当然鷲宮にも持っていって乗りましたし、

f:id:R_I:20170829012625j:plain

木崎湖にも持っていきました。

f:id:R_I:20170829012641j:plain

f:id:R_I:20170829012657j:plain

そして、これを買った年の夏に福岡帰省にもキャリーミーを持っていったのですが、その時に事件が起こったのでした。

福岡は大学時代散々ママチャリでかけずり回った街です。そんな勝手知ったる福岡で、昔の大学のキャンパスのあった六本松から博多駅までの6kmちょいの道のりでバテバテになって疲れ果ててしまったのでした。ママチャリならもっと遠くの東区箱崎(大学のもう一つのキャンパスのある街であり当時住んでいた家のある街)から六本松まで何の苦もなく往復していたのに、キャリーミーだとそれに及ばない距離で体力消耗してしまう。改めて極小径車の弱みを痛感した次第でした。

そのことがきっかけとなり、キャリーミーに準じる輪行のしやすい、かつ走行性のいい新しい自転車が欲しいと思うようになり、トレンクルやトランジットスーパーライトなど検討した結果、ブロンプトンを見てみたいという結論を出しました。その時住んでいた家の近くにY's Road府中多摩川があり、行ってみると一台だけペイントが微かに剥がれている(でも僕は気が付かなかった)物があり、その現物であれば安く出せるよ、イージーホイールも付けちゃうよと言われ、見に来ただけだったのに即契約してしまったのが今の私の愛車ブロンプトンとの出会いです。

私の自転車人生で重要な役割を担ったのがキャリーミーでした

おそらくキャリーミーを買っていなかったらブロンプトンは買っていなかったし、当然ロードバイクも乗っていなかったと思います。輪行の楽しさ、自分の自転車で聖地鷲宮木崎湖をサイクリングする楽しさを教えてくれたのがキャリーミーでした。

今は物置に眠っているキャリーミーですが、時間があれば出してみて眺めてみたいなあ、もう一度あの折りたたみをやってみたいなあと、Gigazineの記事を読んで心から感じた8/29の私でした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。おやすみなさい。