架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

読者登録とはてなブックマーク登録も大歓迎です。宜しくお願いします。
Please subscribe!

ボールペンのリフィルを買いに新宿の世界堂新宿本店まで。

SPONSORED LINK

日本では水性ボールペンはマイナーなので。

そこらの文房具店では水性ボールペンのリフィルは売ってないのです。職場の近くのLOFTには太さ0.5mmの黒一色のみ。普段使いに青のリフィルを入れたい私としてはこれではもの足らないのです。ちなみに我が街立川のLOFTはというと、水性ボールペン自体が全滅。無念です。本当に手の掛かる子!でもそれだからこそ愛着が沸くというものでもあるのです。

と言うことで新宿の世界堂新宿本店にやってきたよ!

ここで駄目なら銀座の伊東屋に行こうと心に決めて、雨の中やってきました世界堂。入ってすぐ右の万年筆のコーナーにペンのリフィルとかもあるのですが、外国人観光客がペリカーノジュニア万年筆を手に取り試筆しながら何やら店員さんと話し込んでいます。基本ここには店員さんは1人しかいないので、その1人が塞がっているとどうにもなりません。いったん諦め店内を物色し、再び万年筆コーナーへ。…まだやってる。そんなこんなが20分くらい続きました。そしたら私が声をかけたがっていることに店員さんがようやく気付いてくれました!別の店員さんを店内放送で呼んでくださり、その応援の店員さんに言って、トンボの水性ボールペンの0.5mmと0.7mmの青のリフィルを出してもらいました。そしてそれぞれ2本ずつ購入。

f:id:R_I:20161127191131j:plain

上が0.7mm、下が0.5mm。上の型番はBK-05Pで下がBK-L5P。もう少しわかりやすい型番にしてほしい。0.7mmなのに05Pとか。f:id:R_I:20161127191721j:plain

あんまり太さが変わらないような気もしますが、取り敢えず0.5mmの青を基本線にして今後使っていくことにしましょう。