架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

右側の「読者になる」ボタンを押して頂けるとブログの更新通知をメールやアプリで受け取ることができます。 是非読者登録をお願いします。
Please subscribe!

ネットで注文したロディアカバーが届いた

SPONSORED LINK

私にとってのロディアというメモ帳は、ビジネスプライベート構わずいつでも思いついたことを書き留める手段の一つです。それは「そう言えばアレやらないと!」というタスク、「ああ、悔しかった!ああしておけば!」という感情の発露、「あそこでアレ食べた!」という行為の記録などを一緒くたにして書き留めています。更にそこから後々に残しておきたい、残さないといけない項目に関してはクレールフォンテーヌのノートに書き写し残します。そうでないものは先週先々週の2週間分はロディアと一緒に持ち歩き参照できるようにし、それを超えると自宅に先々週の一週間分はまとめて保存し置いておきます。つまり、私のロディア(カバー)には最大3週間分(先週先々週の2週間分と今週の一週間分)のメモが滞留することになります。また、常に持ち歩くため、メモする以外に何らかの機能を持ち合わせたいなと思っていました。端的には、メモを挟む以外にポケットが複数あればそこにカードなりチケットなりを入れたりとかできるなあ、簡易的な定期入れ、カード入れにもできたらいいなあと考えていました。現在使っているキングジムSHOT NOTE用カバーではメモ用ポケットしかなく、殆どのロディアカバーも同様でした。また、細かい話をすると横開き型の方がチケットホルダー的な使い方をするには丁度良かったのです。
 
というところでその「丁度良い」と思われるロディアカバーを遂に見つけたので注文しました。それがこれ。
[rakuten:nagasawa:10013048:detail]
これまで使っていたSHOT NOTE用カバーと今回のロディアカバーはこんな感じ。

ほぼ同じサイズ。というか全く同じサイズですね。開いてみるとこんな感じ。

ロディアNo.11とジャストサイズ。書いたメモを挟むポケットにはほぼ三週間分のメモ(私は日曜締めで一週間分まとめるのでいまここには2週間分+今週月曜〜金曜までの19日分のメモがある)をしっかりホールドできています。さっきの写真の通り閉じても問題なし。さて、複数のポケットですが、

メモを挟むポケットの他に左側に2カ所(一カ所には名刺を入れてます)、更に右側のロディアの裏にも一カ所ポケットがあります。更に外側には、

両側に一カ所ずつポケットがあります。ここまであれば定期だろうが名刺だろうがカードだろうがチケットだろうが切符だろうがクーポンだろうがレシートだろうが何でも入ります。ポケットサイズのノートも入るんじゃ無かろうか。更にペンホルダーもあります。なかなかの収納能力です。素晴らしい。
 
とは言え、不満点もあるのです。

私の筆記用具の主力、LAMY2000万年筆。太くてペンホルダーに入らないのでクリップをホルダーに刺してます。しかしこんな位置関係になるので使いにくいです。なのでペンに関してはホルダーを使わず、ロイヒトトゥルムのペンループを貼ってみようかなあとか考えてます。でも貼った部分に段差ができて書きにくくなるからなあ。それか我慢してこのまま使うか。悩みどころです。