架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

右側の「読者になる」ボタンを押して頂けるとブログの更新通知をメールやアプリで受け取ることができます。 是非読者登録をお願いします。
Please subscribe!

接戦に弱い、中継ぎ以降が弱い、走れない。走られて刺せない。昨年と正反対のホークス&好きな選手の為なら他の選手やチームの勝利なんかどーだっていい昨年通りのmixiのホークスコミュの人たち

SPONSORED LINK

馬原とか城所とか、色々駄目な点が多い試合だったわけですが。でもまあ今年はこんなモンでしょ。今年は最初から馬原は悪かったし、城所の盗塁が下手なのもいつものこと。点取られる投手を出したことも盗塁できないランナーに盗塁を許したことも行き当たりばったり采配のホークスなら良くあること。ちゃんとやれば勝てる試合もこんな勝負で落としているから戦力的に頭一つ抜けていても黄金時代にできないんです。
 
一番問題なのが、こういう表面化した課題を一切解決しようとしないこと。同じ投手にいつもやられたり、同じバッターに連発喰らったり、学習も反省もしないこと。これも数年、下手したら十年以上放置しているホークスの最も悪い癖。馬原城所以外にも細川が全く盗塁を刺せていない点も気がかりです。
 
さて、今年も例によってmixiの人たちがアホなこと言ってます。好きな選手を徹底的に庇護する似非ホークスファンのあの人たちです。「田上はリードも盗塁阻止も細川と遜色ない、ならば打てる田上を使え!」「一打同点のチャンスになるのだから城所のチャレンジは間違ってない。江川に比べたらずっとマシ」「馬原は身内の不幸の後だから仕方ない」等々(コピペすると個人攻撃になるので敢えてニュアンスは変えずに文章変えてます)。
 
本当毎年毎年思うが酷い構成員の多いコミュだね。