架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

右側の「読者になる」ボタンを押して頂けるとブログの更新通知をメールやアプリで受け取ることができます。 是非読者登録をお願いします。
Please subscribe!

甲藤もそうだったが攝津も謙虚だな

SPONSORED LINK

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101208-00000015-sph-base
攝津が2年目での大台1億突破を自ら辞退。ここ最近のホークス中継ぎは2年続けて活躍した例が乏しかっただけに、その殻を高いレベルで突き破った攝津には年俸弾んでやって欲しいと思ってましたが、まさか自ら辞退とは。働かなくても高年俸貰っている選手も居る中でこういう選手が居ることは他の選手にとっても刺激になるんじゃないかなと思います。
 
たとえ酷使により選手寿命が長くなかったとしても、こういう選手には是非スタッフとしてチームに残って後輩を指導して貰いたいですね。安易な引退選手の再雇用は避けて欲しいと思う反面、志の高い選手の意志はチームにしっかり残していって欲しいと思います。