架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

右側の「読者になる」ボタンを押して頂けるとブログの更新通知をメールやアプリで受け取ることができます。 是非読者登録をお願いします。
Please subscribe!

爆笑レッドカーペット打ち切り

SPONSORED LINK

こういう番組が出てくること自体は悪くないと思うんですが、ボキャブラで学んだ通り毎週毎週ネタを消費するこの形式のお笑い番組は芸人をいたずらに疲弊させてしまう。やはりフジテレビお得意の、数組の芸人でチームコントを行う「めちゃイケ」スタイルが一番良いんじゃないでしょうか。つまり、爆笑レッドシアターの方がレッドカーペットよりも長続きすると。ピンでは輝き方を知らない狩野英孝も脚本と他の芸人のイジり次第では十分笑いは取れるのです。とぶくすり(現・めちゃイケ)、ロバートホールはねるのトびら、COMBATなどこのパッケージで様々な芸人を世に送り出してきた実績がフジにはあるのです。レッドシアターはレッドカーペットの姉妹番組扱いですが、特番から鳴り物入りで始まったレッドカーペットに比べレッドシアターはThe Three Theater時代は深夜番組で、まさにとぶくすり等と同じく叩き上げで成長した番組。個人的には爆笑レッドシアターの方が好きな番組だったりします。
 
芸人に無理矢理キャラチェンジさせるようなエンタの神様(芸人を捨て駒扱いするこの番組は心底嫌いだった)が打ち切りになり、ボキャブラ症候群に陥ったレッドカーペットも終了。取り敢えず数年隆盛を誇ったお笑いブームは沈静化すると思います。レッドシアターの去就も分かりません。しかしそもそも芸人は劇場と営業で稼ぐもの。自分のネタをしっかり磨いて頑張ってほしいものです。