架空自転車旅行社「ひとつな」

趣味で折りたたみ自転車ブロンプトンを持って輪行旅行に出たりしている石谷玲(いしやれい)です。輪行旅行の同人誌を作ってコミケに出てます。ロードバイクにも乗りますし、デジタルガジェットも文房具も大好き。VAPEも嗜む。野球もサッカーもプロレスも観るの好き。美味しい物を食べるの大好き。このブログはそんな多趣味な私が興味を持っている物全てに対して全方位で情報発信していく基地みたいな所です。

「人は繋がっている」略して「ひとつな」。架空自転車旅行社「ひとつな」では、折りたたみ自転車ブロンプトン乗りである私、石谷玲が自転車の話題のみならず興味を持つ様々なテーマで皆様に「ちょっとだけ人生が楽しくなった気がする」ひとときを提供致します。気兼ねなくご覧になって下さい。
※以前「沙杏院project.」で発行し、完売してしまった本についてはこちらのBlogにて随時データ公開していく予定です。

またtwitterアカウントの方でもブログの感想、同人誌の感想等お待ちしております。雑談大歓迎!!

読者登録とはてなブックマーク登録も大歓迎です。宜しくお願いします。
Please subscribe!

『Thanks!! フットパーク姉崎』市原感謝祭(写真載せました)

SPONSORED LINK

この度蘇我スポーツ公園フクアリのある一帯)に新しい練習場とクラブハウス、オフィシャルショップができる為今までお世話になったフットパーク姉崎に別れを告げることになりました。そこでタテさん(昨年オフに引退したGK立石智紀)らが発起人となり、感謝の思いを伝えようというイベントが立ち上がりました。それがこの感謝祭です。実は私、姉崎の練習場には一度も行ったことが無く(それまで使っていた舞浜の方には行ったことあるんですが)今回の機会がラストだなと思い行くことにしました。何と言っても『モオノキ』ことオフィシャルショップを目にする最後のチャンスですし。

タテさん。お世話になりました。
 
9時過ぎに寮を出て京王線で新宿へ。中央線で東京に出てそこから特急わかしお蘇我。あとは内房線でのんびり姉ヶ崎駅まで行きます。姉ヶ崎駅西口は工場街ならではの寂れっぷり。君津や木更津もこんな感じだったなあと思いつつフットパーク姉崎まで向かいます。そう言えば道が分からなかったので今回初めてtypePのGPSを頼りにしました。事前にルートをデジタルマップルにたたき込んでおき、GPSでのプロットがちゃんとルートに沿っているかを確かめながら歩きました。結果的には結構使えますね。PCの重量が軽いので片手で持って行けます。
 


フットパーク姉崎に着くと、ジェフの試合ではおなじみサマナラのカレーの匂いがします。空腹に負けあっさりとチキンカレーとタンドリーチキンを注文。ナンはその場で焼いてくれました。この手軽な本格さがサマナラの魅力です。御馳走様でした。イベントが始まる前に完食。
 
13:00から記念ポストカードと抽選番号付きチラシ配布。これに並んだ為、福袋はやはり買えず。てか福袋は整理券がないと買えないと言われました。整理券が必要なんて聴いてないよ。いつどこで配ったのさ、事前の連絡もなしで。しかもかなりの数が引き取り手がないまま販売終了として仕舞ってしまいました。欲しい人には行き渡らず、権利を持っている人は引き取らない。これがジェフってチームなんでしょうか…。サポが蔑ろにされている(している)気がするのは私だけでしょうか。
 




これがモオノキことオフィシャルショップ市原店。なんとオフィシャルショップそのものをオークションに出すことになりました。落札する人はこれを何に使うんだろう。と言うか落札金額はいかほど〜。
 
天然芝グランドではフレンドリーマッチが始まりました。第一試合はジェフU-13×市原市職員。第二試合では姉崎中×ジェフOB&スタッフ。

ジェフU-13の監督はジョゼさんだったんですね。ジョゼさんはかなり昔からジェフのスタッフをされています。

ジェフOB&スタッフには三木社長やら江尻監督やら越後さんやらが居ます。ストレッチしているのが社長。かつて品川駅長だった方です。

更にゲストのエースケ(中西永輔)にウィマン(金位漫)も参加。ウィマンは今は実業家ですか。サッカーではチャンスがありませんでしたがお仕事の方頑張って下さい。
 
フレンドリーマッチが終わると記念撮影…の前に抽選。数日前に刈ったフットパーク姉崎の天然芝をパックしてプレゼントというもの。個人的にはこういう記念になる物は大好きです。他の人からはゴミに見えるかも知れませんが。

当選番号は下一桁が「3」と「9」。どうだったかなあとチラシを見てみると、

番号は「0053」。おお、当たりだ。珍しい。でも5人に一人が当たってるんですけどね。
 
記念撮影。観客が一斉に天然芝グランドに雪崩れ込みます。

本当に写るんだろうかという不安をよそにカメラマンはさっさと撮ってしまいます。ポーズの決めようがないあっさりさ。カメラマンの「終わりでーす」の言葉を聞いた時はええっもう終わり!?と呆気にとられてしまいました。
 
その後、総合案内所で天然芝を受け取りに行きます。

「あねしば」。何かマメシバみたいですね。
 
サブグランドではフットパーク姉崎のフラッグに寄せ書きをやってました。私も少し書いてきました。


 
グランドはトップチームの練習が始まりましたが、最後まで見ると時間がかなり遅くなるのでこの辺で帰ることにしました。そう言えばオフィシャルショップのオークション結果が最後に出るらしいですが、まあネットに情報出るよね。